【TOEIC800対策・東京港区六本木スクール】〜TOEIC800点を獲得した先にあるもの〜

Hi, 東京港区六本木を拠点にTOEICスクールにて講師をやっている、TOEICコーチングのUNOです。

今回もTOEIC800点に向けて勉強されている方を対象に、攻略法や、テクニック、資格に対するモチベーションについて書いていきたいと思います。

実際のところ、TOEIC800点というのはどれくらい価値があるのか。私自身よく考えることです。とりあえず周りが受けていて、企業でTOEICの点数求められているから受ける、だけでは正直中々モチベーションは持続しません。

もちろん持っておいて損はありません。英語をそろそろ勉強したいと思ってTOEICから勉強し始めるのも、英語力を向上させるためには一つの手です。

本日は、これからTOEICを受けるにあたって、TOEIC800点がどれくらいこの日本で価値があるのかを書いていきたいと思います。

まずは、転職活動で自分をアピールする武器が増えるということです。グローバル化、訪日外国人観光客の増加、外国人労働者の雇用など、年々英語でコミュニケーションをとることの需要は高まっています。私自身、前職では人事コンサルティング企業のグローバル部署にて外国人人事を担当していたのですが、やはり日本人と外国人で働くことは、言語の違いだけでなく、コミュニケーションスタイル、文化背景など様々な違いで大変な思いをしたこともあります。

何人かは日本語を話せる外国人の方もいらっしゃったのですが、それでもやはり英語を使わなければいけない部分は多くありました。

基盤である英語がないとこのような環境で働くことは相当きついです。しかし、このような環境に自らいくことで英語力は確実に伸びていきます。もちろん、ビジネスの現場で英語が話せるようになるということは、いまのこの日本では非常に希少性の高い人材として認識してもらえます。

しかし、そもそもTOEIC800~900点という高得点の点数がない限り、このような国際色豊かな部署に異動することや会社に転職することがまず難しいです。

なにかと専門的なスキル等がない限り、このような機会を手に入れることはできません。

TOEICの点数というのは、今後グローバルに活躍できる力を得るための、ツールでもあります。

東京港区六本木で運営している私のTOEICスクールでは、本気でTOEIC800点や900点を獲得したい方に向けて講座を行っております。
単に、授業で問題を解説するというわけではなく、忙しいスケジュールの中で2ヶ月間どのように自分の目標を達成していくのか、目標達成型のTOEICプログラムとなっています。

目指しているのは、TOEIC800点という点数ではないと思います。その点数の先に何を目標としているのか、それを明確にしている人たちが集まります。資格は一瞬、やりたいことは一生やる。

本気で人生に挑む人たちともに、一緒に目標を達成しましょう。