【TOEIC800対策・東京港区六本木スクール】〜単語帳を買うべきか〜

Hi, 東京港区六本木を拠点にTOEICスクールにて講師をやっている、TOEICコーチングのUNOです。

今回もTOEIC800点に向けて勉強されている方を対象に、攻略法や、テクニック、資格に対するモチベーションについて書いていきたいと思います。

書店にいけばTOEICに関する様々な参考書が並んでいますね。単語帳一つあげてもいろんな本がありすぎて、いざ勉強しようと思ってもまずいくつか買ってみていろいろ試してみるという、それでたくさんの時間を使ってしまっては非常にもったいないです。

また、いざTOEIC800点を獲得すると覚悟を決めて単語帳を買ったとしてもどのような勉強をすべきわかりにくいものが多いです。人それぞれ勉強法はあるかと思いますが、はじめてTOEICを受けようとする方や、あまり英語を真剣に勉強をしてこなかった人からすると、まずどんな一歩を踏み出していいかよくわかりません。

今回のこの記事では、まずそもそも単語帳とは何のためにあるのか、そしてどのような単語勉強法が効果的だと思うか書いていきたいと思います。

まず、単語帳とは、TOEICに精通している作者が、様々なTOEICテストを受けてよくでるものをピックアップした本になります。言ってしまえば、他人が勝手に作成した単語帳です。私が勉強しているとき、正直なところこの忙しい中でどうしたらこの単語帳を一からやるべきなのか、ずっと考えていましたが、私が単語帳と同時にしたのは、自分の知らない単語集をつくることでした。

単語帳は覚えようとすればするほど、嫌になってきたので、私は自分の単語帳をつくっていました。やり方としては、まず公式問題集を解いた後に、自分が読み取ることができなかった単語をピックアップし、それを購入した単語帳でひくという、単語帳を辞書代わりにしていました。そのおかげで、短期間で覚えるべき単語だけに集中することができましたし、実際に読解問題の文脈上で理解した単語にもなるので、非常に覚えやすかったです。

また、例文は辞書で引いたものと、自分で書いたものを2文必ずかいていました。辞書で書いてある単語は文法的なミスはないし、非常に便利なのですが、そもそもこんなシチュエーションないし、想像しにくいものばかりなので、自分の日常生活を想像しながらかく例文の方が覚えやすかったです。

このように、単語帳を辞書代わりに使い、自分の単語帳を作成することで、さらにTOEIC800点に近づくための単語の暗記を効率化することができますよ!

東京港区六本木で運営している私のTOEICスクールでは、本気でTOEIC800点や900点を獲得したい方に向けて講座を行っております。
単に、授業で問題を解説するというわけではなく、忙しいスケジュールの中で2ヶ月間どのように自分の目標を達成していくのか、目標達成型のTOEICプログラムとなっています。

目指しているのは、TOEIC800点という点数ではないと思います。その点数の先に何を目標としているのか、それを明確にしている人たちが集まります。資格は一瞬、やりたいことは一生やる。

本気で人生に挑む人たちともに、一緒に目標を達成しましょう。