様々な英語勉強法

  • by

Hi, 東京港区六本木を拠点にTOEICスクールにて講師をやっている、TOEICコーチングのUNOです。

今回もTOEIC800点に向けて勉強されている方を対象に、攻略法や、テクニック、資格に対するモチベーションについて書いていきたいと思います。

ネットには多くの勉強法で溢れていますね。自分に合った勉強法を見つけるためにも、できるだけ具体的に本日は様々な勉強法を書いていきたいと思います。

映画勉強法

TOEIC800点を獲得するにあたって、TOEICの勉強をすることはもちろん大事です。しかし、単にTOEICのコツや戦略だけを勉強したとしても、根本的な英語力も同時にあげていかないとTOEIC800点やTOEIC900点までいくことは少し難しいです。もちろん、多くの人が目指されているのは、TOEICの点数をとること自体が目的ではないですよね。その先にある英語を話す自分をみなさんが想像していることだと思います。

それではどうやって日本で英語を勉強をべんきょうするのか。今回はTOEIC800点や高得点を獲得するにあたって必要な最低限の英語力を身につけるためのオススメの勉強法について書いていきたいと思います。とよく生徒さんからご相談にのるのですが、

ズバリ答えるのが映画英語です!!よく英語で映画を勉強するというのは言われますが、具体的にどんな勉強をしたらいいのかわかりませんよね”いろんな英語があってどれを選んだらいいのかわからない””何回みればいいのかわからない””どう勉強したらいいのかわからない”というお声もよく聞いております。

そこで、私の映画で英語を勉強する方法を、本日はかいていきたいと思います!

大好きな映画を選択

”好きな映画”ではなく、”大好きな映画”です!!!何度見ても自分が1回目見た時に感じるあのフレッシュさを感じる映画を選んでください。そして、その一つに絞ってください。たくさんの映画を使って英語を勉強しようとする方がいますが、そんなにたくさん使っても、得るものが浅くなってしまいます。他の映画は単に楽しんで、英語学習用の映画を一つに絞ってください!”私はこの映画で英語を勉強したんです!”と自信をもっていえるように、英語の教材にしてしまいましょう。

順番

映画をつかった様々な英語学習法がありますが、一番大事なのはあなたが毎日継続できる方法を選んでください!語学はやはり、どれだけの量に毎日あきずに触れるかが最も重要なことです。私のやり方は、あきずにやれるようなことを実践しています。

 1,日本語字幕

まず、自分の好きな英語を選択したら、日本語字幕をつけて楽しく鑑賞してください。自分の聞き取れる簡単な英語だけを少し意識していただけるだけで構いません。

 2,字幕なし

先程の日本語字幕で見た内容を思い出しながら、この場面でこんなことをいっているんだと気づくくらいで大丈夫です。大事なことは、英語でここはなんて言っているのだろうと、疑問に持つことがもっとも重要です。

 3,英語字幕

先程の疑問をもとに英語字幕で見ていきます。そして、”あ、英語だとこういう言い方をしていたんだ!”という感覚で勉強の好奇心を刺激します。もちろん一回で、すべてのフレーズや単語を暗記する必要はございません。よく映画を見ながら、見ながらとめては単語を調べてという方がいらっしゃいますが、そんなことをしていると楽しくないですよね。わからない単語はとばしても大丈夫です。

何度もこの順番でみていくうちに、こういう言い方をしているんだなと徐々にわかってきます。TOEIC800点を獲得するには、毎日継続して英語を勉強し続けなければいけません。重要なことは、楽しみながら毎日、何度も繰り返しやり続けることです!まずは、みなさんの”大好きな映画”を選んでください!!

公式問題集復習術

本日も引き続き、TOEIC公式問題集の活用法について、書いていきたいと思います。

TOEICの公式問題集を解き終わると、どうしてもその後の使い方がよくわからず結局単に模試としてしか使えなくなる、という言葉をよくお聞きするので、今回もそんな問題を解決するヒントを提供できればと思います。

本日は、Listening sectionのPart1,2 です!!

Part1,2の共通点は文章が短い!

この短い文章を利用して、Dictationをやることです。

Dicatationとは、耳からきこえてきた音を、そのまま文章にすることです。

えーーめんどくさい

と思うかもしれませんが、これがリスニングをあげる非常に大事な訓練方法なんです。

そもそも、私達は映画やラジオなど、英語を聞く機会というのはたくさんありますが、
”なんて言ってたんだろう”
と毎回立ち止まって真剣に考えることはあまりしないですよね。

とにかく流れてくる英語を聞きまくることは、多聴といって非常に重要なことですが、これだけではリスニングはまったく伸びません。

なぜなら、どうしても受け身な姿勢になってしまっているからです。

”この人はおそらくこう言ってたんじゃないか、もう1回聞いてみよう”
など、このような能動的な姿勢が、あなたのリスニング力を伸ばします。

海外の生活では、相手が何を言っているのか正確に聞き取らなければ、話にならないですよね。だから彼らの英語力はすぐに伸びていくんです。

このような能動的な姿勢を創り出すことが、Dictationなんですね。

音読の重要性1

英語を勉強するならまずは音読!!

そんな言葉聞き飽きましたよね。

私も英語を勉強しているとき、音読は常にやっていましたが、やっている最中何度も挫折しかけました。

これって本当に意味あるの
本当に成長してるの

毎日こんなことを妄想して途中で挫折しかけましたが、
英語を話さなければいけない環境にきてから、効果を発揮しております。

自分なんでいきなりこの表現を使ったんだろうという経験がたくさんあります。
頭で文法など考えずに、とっさに出てくる英語というのは、日々の音読量にかかっていると感じていますね。

今日は、この音読の重要性について書いていきたいと思います。

みなさんは、本を読みますか。
本を読み切ったとしても、中々その内容で覚えきれないですよね。
黙読は、視覚からしか情報がはいてこないので、記憶されにくいんです。
もちろん、視覚からくる情報は最も印象に残るとも言われていますが、
音読は視覚情報だけでなく、口、耳、様々な器官を使って記憶するので、覚えるのに効率がいい方法なんですね。

特に、20歳を超えてから英語を勉強しようとすると、子供の脳とは違って言語情報は中々入ってきづらい。

だからこそ、音読というもっとも脳に影響を与える方法が重要視されているんですね!!

音読がなぜ重要なのかわかったところで、次回は具体的にどのように音読をしていくのか説明していきたいと思います!!

 

英語のロールモデルを見つけること

その前に、皆さんは若田光一さんをご存知ですか。

日本人で初めて国際宇宙ステーションの船長になった偉大な人物です。

Youtubeで見ていただくとわかるのですが、彼の英語力は圧倒的に他の英語が話せる日本人よりもすごい。

発音も綺麗なアメリカンアクセントだし、身振り手振りも自然です。

実は、若田さん、30歳になってから初めて海外駐在をすることになったんですね。それもそのときまで海外にはいったことがないとのこと。。。。。

どうして勉強していらっしゃたのかというと、初めて海外で訓練を受けたとき、英語がわからなさすぎて、仕事にならなかったそうです 笑

自分の少しのミスで、人の生命に関わるお仕事をされていたからこそ、
必死で勉強されたそうです。

何をされていたのかというと、やはりここでも音読だたそうです。

訓練中、聞こえてくる英語をすべて録音し、帰り道に何度も何度もきいて音読をしていたそうです。

やはり、どうしても勉強しなければいけないという危機感は、自分を必死に勉強させますね。

音読は非常に大変です。成長も中々見えないですし、やり続けなければ効果はみれません、以前の記事で書いた通り、語学のブレークするーの壁を信じて、本日も音読をがんばりましょう!!

上級者勉強法

私のお客様で、留学から帰ってきたけれどもTOECI800点以上が獲得できないと悩んでいらっしゃる方もいます。リスニングは得意だけれども、リーディングが苦手な人に多いですね。

本日の記事では、英語はすでによく学んでいても、TOEIC800点や900点のような高得点が中々獲得できない方に向けて、上級者向けの勉強法を書いていきたいと思います。

ENGLISH JOURNAL

こちらは毎月出版される英語に関する雑誌です。海外のセレブや、俳優、女優のインタビューが収録されており、ネイティブスピードなのでTOEICのリスニングよりもはるかに早いです。しかし、内容自体は日常生活のことや、俳優の人生における考え方など、非常に興味のある内容ばかりがつまっています。なので、楽しみながらハイレベルなリスニングを勉強することができます。また、ニュース等も収録されていて、リーディングの勉強にもなります!

Japan Times

英語を勉強しながらニュースを理解することが出来るので、非常に便利なツールです。特に、経済の部分を読んでいると、TOEICでよくでてくるような単語ばかりがみられます。新聞自体あまり読まない人でも、これを機に英語で読んでみると、新聞を読む習慣もつくることができます。

多くの勉強法を紹介しましたが、どうしても短期間で結果をだしたい、一人では中々頑張れないという方は講座を受けてみるのも一つです。

しかし、どのような講座を受けたあとも、ほとんどの方が復習に費やしていないということが、講師をやっていて思うことです。

講座で満足して、できた気になてしまっては、なんの成長もありません。

たった3時間の講座を受けて、自分の未来が変わる奇跡なんてもはありません。

その3時間の講座を何度も復習して、自分なりに実践行くことが重要です。

どれだけ理論をしったとしても、実際には使えません。

理論を聞いて、自分で使いやすいものだけを、本番や演習を通して血肉化していく必要があります。

TOEICや英語だけでなく、どのような講座も同じです。

Change you mind
Take action
Make your habit

この3つを守って、行動し続けてください!!

講座お申し込み

英会話、TOEIC TOEFL, IELTSなど、ご希望の内容、目標、ご予算などご相談ください。
ご要望に応じてスケジュールや内容など個別にご調整させていただきます。

名前

フリガナ

メールアドレス
au, softbank, docomoなどの携帯キャリアのアドレスはエラーになることが多いためお控えください。

授業内容

備考