【TOEIC800対策・東京港区六本木スクール】〜TOEICで点数が取れない人の特徴〜

  • by

Hi, 東京港区六本木を拠点にTOEICスクールにて講師をやっている、TOEICコーチングのUNOです。

今回もTOEIC800点に向けて勉強されている方を対象に、攻略法や、テクニック、資格に対するモチベーションについて書いていきたいと思います。

みなさまのご協力のおかげで現在では多くのお客様を持てています。私にとっても、多くの出会いに繋がり、講師としても人としても成長させてもっています。
これまで何千人と生徒を見てくる中で、やはり英語学習が出来る人とできない人では共通点がわかってきます。

本日は、これからTOEIC800点に向けて勉強する方々にむけて、遠回りにならないようにいい例ではなく、英語学習における悪い例を紹介していきたいと思います。

①あれこれ参考書に手をだしてしまう

TOEICの参考書は山のように溢れているので、どれが一番ベストなのかよくわかりません。私の個人的な意見になりますが、ベストな選択肢というのは常にないと考えます。大事なことは、選んだ参考書を結果論としてよかったと思えるようにどう使うが大事です。そのためには、一度使って使いにくいからやめるではなくて、どんなに使いにくくてもそれをやめずに使いづけることが大事です。昔の人は辞書を使っていました。私は、なにか不自由があるから人間は頑張るし、かえってそれがモチベーションになると思っています。なので、直感でもなんでも構いません。まずは一つ選んでそれを一周しましょう。一周してしまえば愛着がわきます。

②単語をまとめるけど復習しない
公式問題集やなにか問題演習をしたとき、わからなかった単語をノートにまとめてそのままにしておく人がいますが、それは非常にもったいないです。また、単語は見て、書いて覚えるても短期間では中化中覚えられません。自分で何度もテストをして、できなかったところを明確にして、それを中心に一つずつ潰していくことが最も大事になります。

③TOEICの勉強ばかりしてしまう

公式問題集やTOEICの参考書だけを勉強しても中々モチベーションがもちませんね。大事なことは毎日同じことを同じ量だけ繰り返し続けることがすごく大事です。TOEICは年々日常会話表現や意味を理解していなければ解けない問題など、より実践的なテストに近づいているなと言う印象を受けます。TOEICの形式に慣れてしまえば、その問題以外のものがでたとき対応できませんね。だからこそ、生の英語にしっかりと触れながら勉強する必要もあります。

東京港区六本木で運営している私のTOEICスクールでは本気でTOEIC800点や900点を獲得したい方に向けて講座を行っております。
単に、授業で問題を解説するというわけではなく、忙しいスケジュールの中で2ヶ月間どのように自分の目標を達成していくのか、目標達成型のTOEICプログラムとなっています。

目指しているのは、TOEIC800点という点数ではないと思います。その点数の先に何を目標としているのか、それを明確にしている人たちが集まります。資格は一瞬、やりたいことは一生やる。

本気で人生に挑む人たちともに、一緒に目標を達成しましょう。