【TOEIC800対策・東京港区六本木スクール】〜TOEICでいくらがんばっても点数が取れない原因〜

  • by

Hi, 東京港区六本木を拠点にTOEICスクールにて講師をやっている、TOEICコーチングのUNOです。

今回もTOEIC800点に向けて勉強されている方を対象に、攻略法や、テクニック、資格に対するモチベーションについて書いていきたいと思います。

本日はTOEICで点数が取れない原因について書いていきたいと思います。

①様々な参考書に手をだしている

一冊に時間をかけずに様々な問題集や参考書に時間 に手をだしてしまっており、自分の解き方ややり方が身につかないケースです。もちろんたくさん問題集をやりこむスタイルもありますが、それは問題演習用だと考えます。ある程度のレベルまで持っていき、あとは形式になれるだけという状態であれば、多くの問題を解くために問題集を買い込むのはいいことでしょう。常に、なんのためにという目的を考えるとモチベーションが持続しますよ。

②単語を勉強していない

語学勉強で一番避けがちなのが、単語勉強です。残念ながら語学の勉強で単語を暗記することから逃げるとおいう選択肢はありえません。特に、TOEICは本当に様々な単語がでてきます。それらを覚えずして何度テストを解いてももちろん結果もでません。TOEIC800点を超えたい場合、語彙の勉強は必須です。

③趣味の勉強になってしまっている

ある程度の点数までいくと、TOEICの問題を解くこと自体が楽しくなり、公式問題集をやること自体を趣味として捉えていると一向に点数は伸びません。なぜなら、自分の苦手分野と向き合うことから避けがちだからです。点数を伸ばすということは、自分のできない嫌なこともやり続けないといけません。テスト対策というのはまさにこの苦手分野をなくすことなので、趣味として捉えてしまえばそれは伸びません。

TOEIC800点や900点という高い壁を超えたいのであれば、常に地味な作業から逃げないことです。長期間だらだら苦手分野と向き合っていても、その一年間が楽しくなくなるだけです。短期間しっかり絞って、本気で挑みましょう。

東京港区六本木で運営している私のTOEICスクールでは、本気でTOEIC800点や900点を獲得したい方に向けて講座を行っております。
単に、授業で問題を解説するというわけではなく、忙しいスケジュールの中で2ヶ月間どのように自分の目標を達成していくのか、目標達成型のTOEICプログラムとなっています。

目指しているのは、TOEIC800点という点数ではないと思います。その点数の先に何を目標としているのか、それを明確にしている人たちが集まります。資格は一瞬、やりたいことは一生やる。

本気で人生に挑む人たちともに、一緒に目標を達成しましょう。