【TOEIC800対策・東京港区六本木スクール】〜TOEICはネイティブに教えてもらうか、日本人講師に教えてもらうのかどちらがいいか〜

Hi, 東京港区六本木を拠点にTOEICスクールにて講師をやっている、TOEICコーチングのUNOです。

今回もTOEIC800点に向けて勉強されている方を対象に、攻略法や、テクニック、資格に対するモチベーションについて書いていきたいと思います。

英語の勉強をする際に最初に悩むのが日本人講師に教えてもらうべきか、外国人講師に教えてもらうべきか、悩みますね。私は、常にどっちとも取る方をおすすめします。レベルによっても異なりますが、中級者かつ大人であれば日本人講師から教えてもらうほうがいいと思います。私自身も、様々な外国人とともに働いたり、海外にステイしたりしていましたが、一番伸びたと思うのは、個人的に日本人でイチから英語を学んだ人につきっきりで教えてもらったことで伸びました。なぜかというと、様々なフレーズや、単語など、コミュニケーションのとり方から細部まで教えていただけるし納得しやすいです。ネイティブだとなんとなく喋った気になって、結局今日は何を学んだろうと思ってかえってしまい、常に消化不良でした。

TOEICでいうと、これは英会話を学ぶよりもはるかに日本人講師がおすすめですね。そもそもテスト対策はテクニックや勉強法が非常に大事になってきます。論理的にしっかりと理解した説明でないと納得しづらいです。ネイティブの先生でももちろん様々なニュアンスを教えてくれますが、それが記憶に定着しやすいかというかというとそういうわけではありませんね。強いて言うならばリスニング力がある程度向上するくらいです。

TOEICで高得点を獲得するあたって、日本人講師に学ぶか、ネイティブ講師に学ぶか、どちらがいいかというと、それはレベルによりますが、TOEIC800点を獲得したいのであれば、日本人講師に一つ秘湯の問題を徹底的に学ぶほうがいいですね。

東京港区六本木で運営している私のTOEICスクールでは、本気でTOEIC800点や900点を獲得したい方に向けて講座を行っております。
単に、授業で問題を解説するというわけではなく、忙しいスケジュールの中で2ヶ月間どのように自分の目標を達成していくのか、目標達成型のTOEICプログラムとなっています。

目指しているのは、TOEIC800点という点数ではないと思います。その点数の先に何を目標としているのか、それを明確にしている人たちが集まります。資格は一瞬、やりたいことは一生やる。

本気で人生に挑む人たちともに、一緒に目標を達成しましょう。