【TOEIC800対策・東京港区六本木スクール】〜文法書を書うべきか買うべきでないか〜

Hi, 東京港区六本木を拠点にTOEICスクールにて講師をやっている、TOEICコーチングのUNOです。

今回もTOEIC800点に向けて勉強されている方を対象に、攻略法や、テクニック、資格に対するモチベーションについて書いていきたいと思います。

TOEIC800点獲得に向けて勉強する際、Forestや一億人の英文法のような文法書などを買うべきかどうか迷いますね。

購入したとしても全然つかわずに本棚に何年も置いてある人もいるかと思いますが、今回は文法書をどのようにTOEIC800点を目指す上で有効活用できるかについて書いていきたいと思います。

①辞書代わりに使う

PART5などの問題を解いていると、解説をみてもよく理解できない文法と出会うことはよくあると思います。文法書をまる一冊すべてを終わらせるのは非常に大変ですし、時間もかかり、結局長期でだらだらやってしまうことになります。文法書は辞書代わりに使うことをおすすめします。TOEICで文法問題をといていて、解説を読んでもよくわからなかったときの最終手段として持っておくだけでOKです。

私も大学の頃は特別英米学科でもなかったので、社会人になってからも文法がよく理解できないままでした。そこから縁があって人材コンサルティング企業のグローバル本部に配属していただいたのですが、やはりビジネスの現場である程度の文法を理解していないと信頼にもつながるなと気付きもう勉強していました。そのときにやっていたのは、その文法が必要になったときに徹底的に調べるということです。必要性を感じないとモチベーションも上がりませんでした。なのでまずは文法を勉強する必要性を作り出すために、ひたすらPART5の問題を解いていきましょう。

②基礎的な文法だけ学ぶ

TOEIC800点を獲得する上で最も大事なことは、制限時間内に解ける問題をすべて解ききることです。だからこそ、基礎的な文法の理解はMUSTですね。しかし、基礎と言っても、TOEICで問われる文法の問題というのは限られています。だからこそ、まずは、PART5の文法問題をやりこみ、傾向を知り、学ぶ文法のターゲットを見据えた上で勉強していきましょう。

いかがでしたでしょうか。総じて、文法書は買うべきですが、しっかりと有効活用していきましょう!

東京港区六本木で運営している私のTOEICスクールでは、本気でTOEIC800点や900点を獲得したい方に向けて講座を行っております。
単に、授業で問題を解説するというわけではなく、忙しいスケジュールの中で2ヶ月間どのように自分の目標を達成していくのか、目標達成型のTOEICプログラムとなっています。

目指しているのは、TOEIC800点という点数ではないと思います。その点数の先に何を目標としているのか、それを明確にしている人たちが集まります。資格は一瞬、やりたいことは一生やる。

本気で人生に挑む人たちともに、一緒に目標を達成しましょう。