【TOEIC800対策・東京港区六本木スクール】〜TOEIC Part3,4 で聞きにくい発音を攻略する〜

Hi, 東京港区六本木を拠点にTOEICスクールにて講師をやっている、TOEICコーチングのUNOです。

今回もTOEIC800点に向けて勉強されている方を対象に、攻略法や、テクニック、資格に対するモチベーションについて書いていきたいと思います。

TOEIC800点を獲得するに向けてPART3,4で他の受験生と差をつけたいものです。多くの方々がこの長文を聞いて理解度を求められる問題に苦戦します。根本的なリスニング力も関係していますが、TOEICのリスニングでややこしことは、様々な英語圏の国人たちのアクセントがまじっているということです。今回は、このようなややこしいアクセントに対してどのような対処をしていくべきなのかかいていきたいと思います。

①聞きにくい発音の共通点をチェック

まずは、どのような音が聞こえないのか、DICTATIONらを通して、確認しましょう。DICTATIONをして、赤で直した部分が多いところが自分の弱点となるアクセントかもしれません。

②解説書で聞きにくい発音の国旗マークを確認

わかりにくとするアクセントが見つかれば、そのアクセントを集中的に練習して慣れていく必要があります。なので、公式問題集の答えを見てみて、自分の聞き取りにくいと思っている解説書の国旗マークをみましょう。そこかた、自分の苦手としているアクセントが理解できます。

③聞き取りづらい発音のdictationとシャドーウィング
聞き取りづらいアクセントが理解できれば、その音を中心にDICTATIONとシャドーウィングを行いましょう。自分がうまく発音できない音を聞き取ることは難しいです。まずは、自分の口で言えるようになりましょう。

いかがでしたでしょうか。TOEIC800点獲得するにむけて大事なことは、自分がどのような分野が苦手なのか常に分析して対策をうっていくことが重要です。

東京港区六本木で運営している私のTOEICスクールでは、本気でTOEIC800点や900点を獲得したい方に向けて講座を行っております。
単に、授業で問題を解説するというわけではなく、忙しいスケジュールの中で2ヶ月間どのように自分の目標を達成していくのか、目標達成型のTOEICプログラムとなっています。

目指しているのは、TOEIC800点という点数ではないと思います。その点数の先に何を目標としているのか、それを明確にしている人たちが集まります。資格は一瞬、やりたいことは一生やる。

本気で人生に挑む人たちともに、一緒に目標を達成しましょう。