【TOEIC800対策・東京港区六本木スクール】〜TOEIC PART7 チャット形式のコツ〜

  • by

Hi, 東京港区六本木を拠点にTOEICスクールにて講師をやっている、TOEICコーチングのUNOです。

今回もTOEIC800点に向けて勉強されている方を対象に、攻略法や、テクニック、資格に対するモチベーションについて書いていきたいと思います。

TOEICが新形式になってから様々な新しい問題がでてきています。読解問題で難しと言われているのがチャット形式の問題ですね。ビジネス英語というよりも日常会話のフレーズが多用されており、どこに答えが書かれているのかもつかみにくくなっています。

今回は、TOEIC800点を獲得するに向けて攻略したいチャット形式の読解問題のコツについて書いていきたいと思います。

①登場人物の人数を把握

まずは、登場人物を把握しましょう。一つのオンラインチャットに3人、4人など様々な人が一気にでてくると、会話の流れが置いにくいですね。なので、まずは名前をみて読んだ後に整理しやすいように登場人物を把握しておきましょう。そして、問題で問われたときに、何度も返りよみをすることを防ぐことができます。

②疑問文に着目

基本的にこの形式では、疑問文がよく使われます。疑問文は、チャットをしている目的となる内容が後ろにきやすいので、まずは、正直に上から順番にざっと読むのではなく、一体どんな話をしているのかを把握するため、まずは疑問文から読んでみることも一つの戦略ですね。

東京港区六本木で運営している私のTOEICスクールでは、本気でTOEIC800点や900点を獲得したい方に向けて講座を行っております。
単に、授業で問題を解説するというわけではなく、忙しいスケジュールの中で2ヶ月間どのように自分の目標を達成していくのか、目標達成型のTOEICプログラムとなっています。

目指しているのは、TOEIC800点という点数ではないと思います。その点数の先に何を目標としているのか、それを明確にしている人たちが集まります。資格は一瞬、やりたいことは一生やる。

本気で人生に挑む人たちともに、一緒に目標を達成しましょう。