【TOEIC800対策・東京港区六本木スクール】〜TOEIC Part7で必ず答えになる箇所〜

Hi, 東京港区六本木を拠点にTOEICスクールにて講師をやっている、TOEICコーチングのUNOです。

今回もTOEIC800点に向けて勉強されている方を対象に、攻略法や、テクニック、資格に対するモチベーションについて書いていきたいと思います。

TOEIC800点を獲得するにあたって大事なことは時間配分です。制限時間内に解ける問題のすべてを解ききることが最も重要になってきます。そこで今回は、多くの人が時間をかけてしまい制限時間以内に間に合わない原因となっているpart7のコツについて書いていきたいと思います。

①discountの条件

TOEICではよくクーポンや、discountなど、割引に関する情報がよく出てきます。なぜ多く出てくるのかというと、細部まで受験者が読めているかどうかを確かめるためです。気をつけるべきポイントは、読んでいるときに、discountの条件はまず何かを把握しておくと、問題でほぼ確実に問われるので点数に繋がります。

②*やnoteなどの本文とは関係のない備考欄

TOEICでは、本文とは関係ないところで答えの根拠が書かれていることが非常に多いです。*やNOTE等の備考欄のような部分が本文にある場合、答えが隠れていることが非常に多いので、ここだけは精読して何を意図しているのか把握しておきましょう。

いかがでしたでしょうか。PART7は普通に解いている時間が間に合いません。だからこそ、読む前から大体どこに答えの根拠が書かれているのかを把握しておくと便利ですね。

東京港区六本木で運営している私のTOEICスクールでは、本気でTOEIC800点や900点を獲得したい方に向けて講座を行っております。
単に、授業で問題を解説するというわけではなく、忙しいスケジュールの中で2ヶ月間どのように自分の目標を達成していくのか、目標達成型のTOEICプログラムとなっています。

目指しているのは、TOEIC800点という点数ではないと思います。その点数の先に何を目標としているのか、それを明確にしている人たちが集まります。資格は一瞬、やりたいことは一生やる。

本気で人生に挑む人たちともに、一緒に目標を達成しましょう。