【TOEIC800対策・東京港区六本木スクール】〜TOEIC PART5の勉強でやっていはいけないこと〜

Hi, 東京港区六本木を拠点にTOEICスクールにて講師をやっている、TOEICコーチングのUNOです。

今回もTOEIC800点に向けて勉強されている方を対象に、攻略法や、テクニック、資格に対するモチベーションについて書いていきたいと思います。

TOEIC800点を獲得する上で、PART5は8割以上点数を獲得できなければいけません。だからこそ、文法は常に毎日勉強していくことがすごく大事なのですが、日々の勉強の中で何を重きに置きながら勉強するのかよくわかりませんね。問題集をとにかくやるべきなのか、参考書を読むべきなのか、いろんな方法があります。

本日は、TOEIC800点を獲得するうえでもっとも大切な要素であるPART5を勉強するにあたって逆にやってはいけない勉強法を紹介していきたいと思います。

①文法書を徹底的に読む
FORESTや一億人の英文法などのような文法書をイチから勉強しているときりがありません。TOEICの公式問題集で演習をした結果、文法が全然できておらずまる一冊終わらせてから取り組もうとするかたもいらっしゃいますが、一周するだけでも時間がかかってしまいますし、そもそも一周して覚えられるほど文法は簡単ではありません。なので、公式問題集など問題を演習しながら、わからないところを中心に調べる辞書代わりに使うことがおすすめです。

②様々な参考書を読みあさる

たくさんの参考書をやったからといって点数が伸びるわけでありません。もし、このブログをみているみなさんが短期間で点数を取る必要があるのであれば、TOEICの作成者が求めるテストの意図を読み込んで、要領よく勉強する必要があります。参考書は一冊を読み込み、傾向をしっかりと使うことが重要です。

③問題演習のみやる

公式問題集のみ何度やっても点数が上がるわけではありません。模試で一度問題を解くことで得れるものは、本番の形式と、時間感覚、新しい単語くらいです。参考書と問題演習両方やることが重要です。

東京港区六本木で運営している私のTOEICスクールでは、本気でTOEIC800点や900点を獲得したい方に向けて講座を行っております。
単に、授業で問題を解説するというわけではなく、忙しいスケジュールの中で2ヶ月間どのように自分の目標を達成していくのか、目標達成型のTOEICプログラムとなっています。

目指しているのは、TOEIC800点という点数ではないと思います。その点数の先に何を目標としているのか、それを明確にしている人たちが集まります。資格は一瞬、やりたいことは一生やる。

本気で人生に挑む人たちともに、一緒に目標を達成しましょう。