【TOEIC800対策・東京港区六本木スクール】〜TOEIC単語対策:金のフレーズの使い方〜

  • by

Hi, 東京港区六本木を拠点にTOEICスクールにて講師をやっている、TOEICコーチングのUNOです。

今回もTOEIC800点に向けて勉強されている方を対象に、攻略法や、テクニック、資格に対するモチベーションについて書いていきたいと思います。

TOEIC800点を獲得する上で、語彙力を増強することは必須です。私自身あまり単語帳を短期間で仕上げるということはあまりおすすめしていませんが、人気のある金のフレーズは使いやすくおすすめできます。

いざ単語帳を買ったとしても、中々簡単には覚えられませんね。そこで、今回はこのTOEIC800点を獲得するにあたってもとても人気のある金のフレーズの使い方について書いていきたいと思います。

①まずは1周する

どんな問題集もそうですが、できるだけ早い段階でまずは一周することです。最初にどれだけ完璧に覚えようとしても、覚えられるはずはないです。完璧主義になりすぎず、一度、単語帳としてではなく、本の代わりとして読んでみましょう。

②2周目でわからない単語に赤ペン

2周目においては、一度みて覚えられなかったものを中心に赤ペンで印をつけていきましょう。短期間で勝負したい場合、全部いちからやっていると時間がかかってしまいます。出来る問題をもうやらなくていいので、できない問題に集中していくことが大事です。

③3周目赤ペンでマークしたところだけみる

3周目は、2周目でペンしたところを中心にみていきましょう。自分のわからないところだけを見直し、そのわからないところをノートやフラッシュカードなどにまとめておくと、通勤中などの移動時間にも使えますね。

④4周目で音を聞く

4周目に突入するとさすがに同じ単語帳を何度も読むのにあきてくると思います。なので、ここからあきないように大きな変化をくわえていきましょう。今まで目で見ていた単語帳を、音に切り替えます。音を聞きながら単語帳を読んでもいいですし、読みながらでなくても大丈夫です。

⑤5周目で類義語や対義語をみる

ここからが金のフレーズの強みが発揮されるところですが、単語の横にサブ情報が書いてあり、これがTOEICで非常に頻出なものばかりなんです。なので、こちら追加情報を中心にみていくと、あきずに継続して単語帳を進めることができますよ。

東京港区六本木で運営している私のTOEICスクールでは、本気でTOEIC800点や900点を獲得したい方に向けて講座を行っております。
単に、授業で問題を解説するというわけではなく、忙しいスケジュールの中で2ヶ月間どのように自分の目標を達成していくのか、目標達成型のTOEICプログラムとなっています。

目指しているのは、TOEIC800点という点数ではないと思います。その点数の先に何を目標としているのか、それを明確にしている人たちが集まります。資格は一瞬、やりたいことは一生やる。

本気で人生に挑む人たちともに、一緒に目標を達成しましょう。