【TOEIC800対策・東京港区六本木スクール】〜TOEICコーチングとは〜

Hi, 東京港区六本木を拠点にTOEICスクールにて講師をやっている、TOEICコーチングのUNOです。

今回もTOEIC800点に向けて勉強されている方を対象に、攻略法や、テクニック、資格に対するモチベーションについて書いていきたいと思います。

最近になってよくTOEICのコーチング式学校がよく出てきていますが、コーチングといってもどのような特徴を持っているのがTOEICコーチングなのかよくわかりませんね。今後、TOEIC800点に向けて、一人でも多くの方が自分に合ったやり方を見つけられるよう、本日はTOEICコーチングの特徴について書いていきたいと思います。

①短期間でとる

制限時間を設けることで、やはり人は必死になります。しっかりと目標を設定し、決められた期限までにできるよう、逆算して考え、着実に点数に近づくことができます。私の学校でも大切にしていることが、自身で制限時間を設けて取り組まないと、人は基本的にいつまでも時間があると思ってしまい、結局長期間だらだら勉強して、うまく成果が見えず、不安になって途中でやめてしまうようでは非常にもったいないですね。

②弱点分析コンサルティング

様々な課題をこなしてもらっている中で、その人の苦手なところやつまずくところを細かく観察します。その苦手分野に対してどう対策していくのか、また残りの限られた時間でどのような学習をするべきなのか、一人ひとりにあった形でコンサルティングすることがコーチの役割でもあります

③モチベーション管理

どれだけ戦略や方法を知っていたとしても、それが継続できなければ意味がないですね。コーチは基本的にそのモチベーションを常に保つよう生徒を観察しています。COMMENCEMENTの代表である宇野も、前職が人事コンサルティングの会社だったということもあり、人のモチベーションこそが結果へもっとも響く要素と考え、授業を実施しています。

東京港区六本木で運営している私のTOEICスクールでは、本気でTOEIC800点や900点を獲得したい方に向けて講座を行っております。
単に、授業で問題を解説するというわけではなく、忙しいスケジュールの中で2ヶ月間どのように自分の目標を達成していくのか、目標達成型のTOEICプログラムとなっています。

目指しているのは、TOEIC800点という点数ではないと思います。その点数の先に何を目標としているのか、それを明確にしている人たちが集まります。資格は一瞬、やりたいことは一生やる。

本気で人生に挑む人たちともに、一緒に目標を達成しましょう。