TOEIC 800を獲得する上でこれだけは知っておきたい情報

  • by

Hi, 東京港区六本木を拠点にTOEICスクールにて講師をやっている、TOEICコーチングのUNOです。

今回もTOEIC800点に向けて勉強されている方を対象に、攻略法や、テクニック、資格に対するモチベーションについて書いていきたいと思います。

これだけは知っておきたいtips

TOEIC800点を目指す上で、本番のテストが近づいてこれば近づいてくるほどなにをすべきなのか不安になってしまいますね。公式問題集を解いたほうがいいのか、どこかパートごとに集中して勉強したほうがいいのか、いろんな方法があります。特にこのあたりになってくると、弱点対策をしようと一点集中に切り替えようとする方もいますが、これは非常に危険です。なにかに集中するということを、なにかをやらないということです。弱点対策は、まず基礎的なことが全体的にできていないのであれば、やらないほうがいいです。

本日は、弱点対策を行う前に、前提の基礎知識となる部分を守れているのか確認するための記事を書いていきたいと思います。

制限時間が間に合うか

TOEIC800点を獲得するにあたって最も重要な要素ですね。時間間に合わずして、TOEIC800点を超えることは難しいです。毎回の模試で、しっかりと時間を図って最後まで解ききれているのか、まずはこちらを確認しましょう。

基礎的単語力があるか

そもそも最低限の単語力がないのであれば、リスニングを聞くことはできないですし。リーディングも読めません。弱点対策に入る前に、まずは自分の語彙力をチェックして、自分がいまつまづいている箇所は語彙なのかどうか確認しましょう。

毎日英語に触れられる環境はつくっているか

そもそも弱点対策をするにあたっても時間が必要です。本当に残りの期間で、与えられている時間の中で一点集中いていいかどうかうぃ決めなくてはいけません。

英語学習ができる人とできない人の特徴

これまで何千人と生徒を見てくる中で、やはり英語学習が出来る人とできない人では共通点がわかってきます。

本日は、これからTOEIC800点に向けて勉強する方々にむけて、遠回りにならないようにいい例ではなく、英語学習における悪い例を紹介していきたいと思います。

あれこれ参考書に手をだしてしまう

TOEICの参考書は山のように溢れているので、どれが一番ベストなのかよくわかりません。私の個人的な意見になりますが、ベストな選択肢というのは常にないと考えます。大事なことは、選んだ参考書を結果論としてよかったと思えるようにどう使うが大事です。そのためには、一度使って使いにくいからやめるではなくて、どんなに使いにくくてもそれをやめずに使いづけることが大事です。昔の人は辞書を使っていました。私は、なにか不自由があるから人間は頑張るし、かえってそれがモチベーションになると思っています。なので、直感でもなんでも構いません。まずは一つ選んでそれを一周しましょう。一周してしまえば愛着がわきます。

単語をまとめるけど復習しない

公式問題集やなにか問題演習をしたとき、わからなかった単語をノートにまとめてそのままにしておく人がいますが、それは非常にもったいないです。また、単語は見て、書いて覚えるても短期間では中化中覚えられません。自分で何度もテストをして、できなかったところを明確にして、それを中心に一つずつ潰していくことが最も大事になります。

TOEICの勉強ばかりしてしまう

公式問題集やTOEICの参考書だけを勉強しても中々モチベーションがもちませんね。大事なことは毎日同じことを同じ量だけ繰り返し続けることがすごく大事です。TOEICは年々日常会話表現や意味を理解していなければ解けない問題など、より実践的なテストに近づいているなと言う印象を受けます。TOEICの形式に慣れてしまえば、その問題以外のものがでたとき対応できませんね。だからこそ、生の英語にしっかりと触れながら勉強する必要もあります。

 

点数が取れない原因

本日はTOEICで点数が取れない原因について書いていきたいと思います。

様々な参考書に手をだしている

一冊に時間をかけずに様々な問題集や参考書に時間 に手をだしてしまっており、自分の解き方ややり方が身につかないケースです。もちろんたくさん問題集をやりこむスタイルもありますが、それは問題演習用だと考えます。ある程度のレベルまで持っていき、あとは形式になれるだけという状態であれば、多くの問題を解くために問題集を買い込むのはいいことでしょう。常に、なんのためにという目的を考えるとモチベーションが持続しますよ。

単語を勉強していない

語学勉強で一番避けがちなのが、単語勉強です。残念ながら語学の勉強で単語を暗記することから逃げるとおいう選択肢はありえません。特に、TOEICは本当に様々な単語がでてきます。それらを覚えずして何度テストを解いてももちろん結果もでません。TOEIC800点を超えたい場合、語彙の勉強は必須です。

趣味の勉強になってしまっている

ある程度の点数までいくと、TOEICの問題を解くこと自体が楽しくなり、公式問題集をやること自体を趣味として捉えていると一向に点数は伸びません。なぜなら、自分の苦手分野と向き合うことから避けがちだからです。点数を伸ばすということは、自分のできない嫌なこともやり続けないといけません。テスト対策というのはまさにこの苦手分野をなくすことなので、趣味として捉えてしまえばそれは伸びません。

TOEIC800点や900点という高い壁を超えたいのであれば、常に地味な作業から逃げないことです。長期間だらだら苦手分野と向き合っていても、その一年間が楽しくなくなるだけです。短期間しっかり絞って、本気で挑みましょう。

 

お客様は大学生からシニアの方まで、本当に幅広い年齢層の方に授業を教えさせていただいております。

約1000人以上の方を教えている中で気付かされたのが、年齢に関係なく、結果を出す人は特徴があったので書いていきたいと思います。一言でいってしまうと、覚悟を決めるか決めないか、その覚悟に対する行動があるかないかで全然違います。

TOEIC600でも、TOEIC800でも点数を取ると決めたら、どれだけ忙しくてもとことんやる方は、やはり点数の結果が出ます。勉強している途中、どれだけ短期間で諦めてしまう人は、すぐに諦めてしまいます。自分のやり方はこれであっているのか、本当にこれで大丈夫なのか、常に迷いが生じて、勉強ができなくなってしまう。

それでは、いつまで立ってもTOEIC600をこすことはできません。
様々な参考書や、教材を買って中々身につかないのは、この常に迷いがあるからです。こういった迷いがある方は、一度スクールに通ってみることをおすすめします。

 

なんの迷いもなく、信じて授業を受け続ける方はたくさんいらっしゃいます。企業のエグゼクティブクラスの方を教えているとき、すごいなと思うのは、その尋常じゃない勉強量です。覚悟を決めてからの毎日の生活は、次の日から一新します。TOEIC600点というのは、決してそんなに高い壁ではありません。基礎力が大事だからこそ、毎日勉強する必要があります。

会社にいきながら勉強するのはしんどいですし、忙しい中でやるのも難しいです。覚悟を決めないと結局中途半端でざせつしてしまいます。

 

パーフェクトなタイミングなんてありません。いますぐ、はじめましょう。覚悟を決めたら後は、走るだけです。

講座お申し込み

英会話、TOEIC TOEFL, IELTSなど、ご希望の内容、目標、ご予算などご相談ください。
ご要望に応じてスケジュールや内容など個別にご調整させていただきます。

名前

フリガナ

メールアドレス
au, softbank, docomoなどの携帯キャリアのアドレスはエラーになることが多いためお控えください。

授業内容

備考