【TOEIC800対策・東京港区六本木スクール】〜TOEIC学習でやってはいけない暗記法〜

Hi, 東京港区六本木を拠点にTOEICスクールにて講師をやっている、TOEICコーチングのUNOです。

今回もTOEIC800点に向けて勉強されている方を対象に、攻略法や、テクニック、資格に対するモチベーションについて書いていきたいと思います。

TOEIC800点を獲得するにあたって、単語の増強は必須です。といっても、どれだけ単語帳を勉強しても覚えられない場合もあります。自分にあったやり方を見つけるは難しいですね。

今回は、一人でも多くのTOEIC受講生が、自分にあった単語暗記法に出会えるためにも、あえて中々覚えられそにない暗記法を紹介していきたいと思います。

①単語帳に乗っている単語を完璧に覚えようとすること

単語帳にのっている単語帳が一回のテストですべて出ることはありません。あまり出現頻度の低い難関な単語を覚えても、それはあまり意味がありません。最低限の単語さえ知っていれば、長文のテーマを掴み、類推法をさえ知れば読んだり、理解することができます。

②公式問題集でわからなかった単語をすべてピックアップ

公式問題集を解いた後、解説を確認すると思いますが、そこには長文ででてきた重要な単語がリストアップされています。私は、単語帳よりもそこにのっている単語で勉強することのほうが覚えやすいと思っているのですが、あれをすべてピックアップしてノートにとっていると非常に時間がかかります。

③様々な単語帳で覚えること

これが一番ワーストなケースです。一冊仕上げたから次の単語帳にいくというのは、まったく違う形式を持っている単語帳に映るということです。もちろん、人が作った本なので、重要視しているポイントは作成側によって異なります。なので、様々な情報がはいってきた逆に混乱してしまいます。

いかがでしたでしょうか。TOEIC800点を獲得するにあたって、やってはいけないことを最初に把握するだけでも学習の効率性が変わりますね。

東京港区六本木で運営している私のTOEICスクールでは、本気でTOEIC800点や900点を獲得したい方に向けて講座を行っております。
単に、授業で問題を解説するというわけではなく、忙しいスケジュールの中で2ヶ月間どのように自分の目標を達成していくのか、目標達成型のTOEICプログラムとなっています。

目指しているのは、TOEIC800点という点数ではないと思います。その点数の先に何を目標としているのか、それを明確にしている人たちが集まります。資格は一瞬、やりたいことは一生やる。

本気で人生に挑む人たちともに、一緒に目標を達成しましょう。