【TOEIC800対策・東京港区六本木スクール】〜制限時間を設けてしまうとTOEICの問題が解けなくなってしまう方のための対処法〜

  • by

Hi, 東京港区六本木を拠点にTOEICスクールにて講師をやっている、TOEICコーチングのUNOです。

今回もTOEIC800点に向けて勉強されている方を対象に、攻略法や、テクニック、資格に対するモチベーションについて書いていきたいと思います。

本日は、本番におけるプレッシャーとどう戦うかについての記事を書いていきたいと思います。

①試験慣れをする

どんな試験も頑張って努力してきたからこそ、緊張はするものです。制限時間の焦りで、いつもの練習の時同じペースでとけるはずがないので、毎月うけれるときに受けるようにしましょう。何度も受けてTOEICの点数があがるというのはよくあることです。

②焦っても正答率が下がらないように誰よりも努力する

本番と練習は違います。練習のときにできていた問題がうまくとけなかったするのも当たり前ですし、だからこそ、調子が悪いときでもTOEIC800点を獲得できる状況を目指さなければいけません。なので、TOEIC800点を目指す方は、目標点数の基準を上げる必要があり、860点くらいを目安にして勉強するといいでしょう。

③いっそのことまったく時間を気にせずに、解く
何度も時間を図ってテストをやってもうまくいかない場合、いっそのことまったく時間をはからずに解いてしまいしょう。こちらは最終手段で、あまりおすすめはしていないのですが、どうしても無理な場合は自分にプレッシャーをかけることをやめ思うがままに解いてみましょう。

東京港区六本木で運営している私のTOEICスクールでは、本気でTOEIC800点や900点を獲得したい方に向けて講座を行っております。
単に、授業で問題を解説するというわけではなく、忙しいスケジュールの中で2ヶ月間どのように自分の目標を達成していくのか、目標達成型のTOEICプログラムとなっています。

目指しているのは、TOEIC800点という点数ではないと思います。その点数の先に何を目標としているのか、それを明確にしている人たちが集まります。資格は一瞬、やりたいことは一生やる。

本気で人生に挑む人たちともに、一緒に目標を達成しましょう。