単語勉強法

  • by

Hi, 東京港区六本木を拠点にTOEICスクールにて講師をやっている、TOEICコーチングのUNOです。

今回もTOEIC800点に向けて勉強されている方を対象に、攻略法や、テクニック、資格に対するモチベーションについて書いていきたいと思います。

単語勉強法

TOEIC800点獲得に向けて、語彙の勉強は必須です。単語の増強は地味ですし、語学の中でもなかなか気が進まない分野でもありますね。

そこで最近は、様々な単語帳や、スマホアプリなど、勉強できる手段いくつもあるので逆に悩んでしまいますね。よく単語帳か、スマホアプリの単語帳どちらが効果的なのか質問されますが、私は両方使いこなすことをおすすめします。そして、その順番が大事だと考えます。

まずは一冊の単語帳を徹底的に使いこなす

自分が使いやすそうだと思った単語帳を徹底的にやりましょう。一周で覚えられるわけではありません。少なくとも3周くらいしてやっと慣れてきたという感覚になるくらいです。重要なことは一冊に絞ってその単語帳を徹底的にやることです。

アプリで通勤中にゲーム感覚で覚える

単語帳を覚えてきたら、あとはそれを何度もテストしましょう。そこで初めて使えるのがアプリです。どちらかというとアプリは問題演習用ですね。最初からアプリで覚えようとすると単に問題演習だけになってしまいます。

基盤づくりが単語帳、問題演習がアプリで、うまく両方を使いこなしながら800点獲得を目指しましょう!

単語帳の目的

書店にいけばTOEICに関する様々な参考書が並んでいますね。単語帳一つあげてもいろんな本がありすぎて、いざ勉強しようと思ってもまずいくつか買ってみていろいろ試してみるという、それでたくさんの時間を使ってしまっては非常にもったいないです。

また、いざTOEIC800点を獲得すると覚悟を決めて単語帳を買ったとしてもどのような勉強をすべきわかりにくいものが多いです。人それぞれ勉強法はあるかと思いますが、はじめてTOEICを受けようとする方や、あまり英語を真剣に勉強をしてこなかった人からすると、まずどんな一歩を踏み出していいかよくわかりません。

今回のこの記事では、まずそもそも単語帳とは何のためにあるのか、そしてどのような単語勉強法が効果的だと思うか書いていきたいと思います。

まず、単語帳とは、TOEICに精通している作者が、様々なTOEICテストを受けてよくでるものをピックアップした本になります。言ってしまえば、他人が勝手に作成した単語帳です。私が勉強しているとき、正直なところこの忙しい中でどうしたらこの単語帳を一からやるべきなのか、ずっと考えていましたが、私が単語帳と同時にしたのは、自分の知らない単語集をつくることでした。

単語帳は覚えようとすればするほど、嫌になってきたので、私は自分の単語帳をつくっていました。やり方としては、まず公式問題集を解いた後に、自分が読み取ることができなかった単語をピックアップし、それを購入した単語帳でひくという、単語帳を辞書代わりにしていました。そのおかげで、短期間で覚えるべき単語だけに集中することができましたし、実際に読解問題の文脈上で理解した単語にもなるので、非常に覚えやすかったです。

また、例文は辞書で引いたものと、自分で書いたものを2文必ずかいていました。辞書で書いてある単語は文法的なミスはないし、非常に便利なのですが、そもそもこんなシチュエーションないし、想像しにくいものばかりなので、自分の日常生活を想像しながらかく例文の方が覚えやすかったです。

このように、単語帳を辞書代わりに使い、自分の単語帳を作成することで、さらにTOEIC800点に近づくための単語の暗記を効率化することができますよ!

単語帳勉強法

TOEIC800点を獲得する上で、語彙力を増強することは必須です。私自身あまり単語帳を短期間で仕上げるということはあまりおすすめしていませんが、人気のある金のフレーズは使いやすくおすすめできます。

いざ単語帳を買ったとしても、中々簡単には覚えられませんね。そこで、今回はこのTOEIC800点を獲得するにあたってもとても人気のある金のフレーズの使い方について書いていきたいと思います。

まずは1周する

どんな問題集もそうですが、できるだけ早い段階でまずは一周することです。最初にどれだけ完璧に覚えようとしても、覚えられるはずはないです。完璧主義になりすぎず、一度、単語帳としてではなく、本の代わりとして読んでみましょう。

2周目でわからない単語に赤ペン

2周目においては、一度みて覚えられなかったものを中心に赤ペンで印をつけていきましょう。短期間で勝負したい場合、全部いちからやっていると時間がかかってしまいます。出来る問題をもうやらなくていいので、できない問題に集中していくことが大事です。

3周目赤ペンでマークしたところだけみる

3周目は、2周目でペンしたところを中心にみていきましょう。自分のわからないところだけを見直し、そのわからないところをノートやフラッシュカードなどにまとめておくと、通勤中などの移動時間にも使えますね。

4周目で音を聞く

4周目に突入するとさすがに同じ単語帳を何度も読むのにあきてくると思います。なので、ここからあきないように大きな変化をくわえていきましょう。今まで目で見ていた単語帳を、音に切り替えます。音を聞きながら単語帳を読んでもいいですし、読みながらでなくても大丈夫です。

5周目で類義語や対義語をみる

ここからが金のフレーズの強みが発揮されるところですが、単語の横にサブ情報が書いてあり、これがTOEICで非常に頻出なものばかりなんです。なので、こちら追加情報を中心にみていくと、あきずに継続して単語帳を進めることができますよ。

容量のいい勉強法

どのスクールでも”単語を覚えなさい”ともう耳がいたくなるほど、よく聞くと思います。

もちろん、単語を覚えることは英語力の向上に繋がります。しかし、すべての単語を短期間で覚える必要はございません。単語を覚えることは、英語力の底上げにつながります。

しかし、以前行っていたTOEICの点数をあげるための、TOEIC力、英語力、Grit力の一つ、英語力を上げるだけでは、TOEICのスコアアップにつながらないわけです。

TOEICのコツや傾向になれるための時間をとらなければいけない中で、ずっと単語をやっていると、2ヶ月なんてあっという間におわってしまいます

上級者であれば、覚えている単語がほとんどなので、あまり時間はかかりませんが、苦手意識を持っている人からすると、ものすごく時間がかかってしまいます。

それでは、普段からお仕事とTOEIC勉強で忙しい中、どのようにして単語を覚えていくのか説明していきたいと思います。

最初に結論からいうと、”わからない単語”だけに集中していきます。

わかる単語というのは、忘れるといけないから、という人間の心理が働いてしまって、そこに時間をかけがちです。これは、TOEICだけでなく、自分を安心させたいがために、自分のできることばかりに時間をつかって、満足感を得ようとします。

そうではなく、いかに早期の段階で、わからない単語を明確にするかが大事です。おすすめの単語帳をまず購入し、わからない単語だけを集めてください。

そして、まずは一周してください。そして、日本語訳がわからないところは、もうすぐにペンしておいてください。また、すべてやりきってください。この一度すべてやりきることも大事です。

基本的に、多くの人が挫折してしまう理由は、使い方がよくわからないこと、本当にこのやり方でいいのか不安になって新しい本を購入してしまう人、このどちらかです。

まずは、本を一冊やりきることでせっかく最後までやりきっているのだから使おう、一周することで次みると入ってくる情報が濃くなる。

このように一度やりきることで、持続して本を使い続けられる状態を作ってください。TOEIC800点を獲得するには、まず基礎的な英語、最低限の単語を学ぶことは最も重要です。私のマンツーマンの授業でも、最初の週に単語をすべて終わらしてもらっています。最初に、すべてやりきりましょう。

これは仕事も同じですね。一度、最低限のライン、60%を終わらせましょう。そして、数%ずつ、パーセンテージをあげていきましょう。

Anki活用法

TOEIC800点を獲得する上で重要な語彙力を高めるために役立つ、ankiというツールを紹介したいと思います!

自分のわからない単語集をつくることができる

Ankiはweb上のフラッシュカードと思っていただければイメージしやすいですね。スマホのアプリでとれるので、どこでも復習できますし、TOEICの公式問題集を解いた後に、わからなかった単語などをすべてそこにいれておくと、勝手に毎回テストしてくれます。とりあえずノートに書いておいてあとで見返さないということをさけることできます。

忘れた頃にリマインドしてくれる

Ankiのいいところは、ちょうどその単語を忘れた頃にリマインドしてくれます。なので、記憶に定着しやすく、自ら見直すという無駄な脳内メモリーをへらすことにもつながり、他の勉強や仕事にも集中しやすいです。

覚えてしまった単語は覚える必要はない

Ankiの強みが、わからない単語を徹底的に復習してくれるところです。Ankiは勝手にテストをしてくれるので、そこで答えられなかった問題と答えられた問題を明確に区別し、答えられた問題は数週間後、数カ月後と、だいぶ先にリマインドされ、わからなかったところが数日後にリマインドされるという、非常に良くできています。

いかがでしたでしょうか。TOEIC800点は非常に高い壁です。あらゆるツールを使いこなして、日常生活で英語を自動的に勉強しやすくするシステムをつくると、英語学習を習慣化させることに成功しますよ!

 

このように、常に目的を変えて単語帳を読むことで、常に新鮮味を感じることができて、何周もできるのですね。ワーストなケースは1周目、2周目から完璧に覚えようと、1ページ、2ページ目で何時間もかけることです大事なことは、一つの単語帳を何周もして暗記することが最も大事です。

TOEIC800点を取るにあたって、何周も単語帳を繰り返し使っていきましょう!

私のTOEICスクールでは、毎週単語テストをしています!
テストを合格しないと帰れませんが、
それくらいのいきおいでやらないと覚えることはできません。

 

東京港区六本木で運営している私のTOEICスクールでは、本気でTOEIC800点や900点を獲得したい方に向けて講座を行っております。
単に、授業で問題を解説するというわけではなく、忙しいスケジュールの中で2ヶ月間どのように自分の目標を達成していくのか、目標達成型のTOEICプログラムとなっています。

目指しているのは、TOEIC800点という点数ではないと思います。その点数の先に何を目標としているのか、それを明確にしている人たちが集まります。資格は一瞬、やりたいことは一生やる。

本気で人生に挑む人たちともに、一緒に目標を達成しましょう。

 

講座お申し込み

英会話、TOEIC TOEFL, IELTSなど、ご希望の内容、目標、ご予算などご相談ください。
ご要望に応じてスケジュールや内容など個別にご調整させていただきます。

名前

フリガナ

メールアドレス
au, softbank, docomoなどの携帯キャリアのアドレスはエラーになることが多いためお控えください。

授業内容

備考