Uno

【TOEIC800対策・東京港区六本木スクール】〜TOEIC Part3,4 で聞きにくい発音を攻略する〜

  • by
Hi, 東京港区六本木を拠点にTOEICスクールにて講師をやっている、TOEICコーチングのUNOです。 今回もTOEIC800点に向けて勉強されている方を対象に、攻略法や、テクニック、資格に対するモチベーションについて書いていきたいと思います。 TOEIC800点を獲得するに向けてPART3,4で他の受験生と差をつけたいものです。多くの方々がこの長文を聞いて理解度を求められる問題に苦戦します。根本的なリスニング力も関係していますが、TOEICのリスニングでややこしことは、様々な英語圏の国人たちのアクセントがまじっているということです。今回は、このようなややこしいアクセントに対してどのような対処をしていくべきなのかかいていきたいと思います。 ①聞きにくい発音の共通点をチェック まずは、どのような音が聞こえないのか、DICTATIONらを通して、確認しましょう。DICTATIONをして、赤で直した部分が多いところが自分の弱点となるアクセントかもしれません。 ②解説書で聞きにくい発音の国旗マークを確認 わかりにくとするアクセントが見つかれば、そのアクセントを集中的に練習して慣れていく必要があります。なので、公式問題集の答えを見てみて、自分の聞き取りにくいと思っている解説書の国旗マークをみましょう。そこかた、自分の苦手としているアクセントが理解できます。 ③聞き取りづらい発音のdictationとシャドーウィング 聞き取りづらいアクセントが理解できれば、その音を中心にDICTATIONとシャドーウィングを行いましょう。自分がうまく発音できない音を聞き取ることは難しいです。まずは、自分の口で言えるようになりましょう。 いかがでしたでしょうか。TOEIC800点獲得するにむけて大事なことは、自分がどのような分野が苦手なのか常に分析して対策をうっていくことが重要です。 東京港区六本木で運営している私のTOEICスクールでは、本気でTOEIC800点や900点を獲得したい方に向けて講座を行っております。 単に、授業で問題を解説するというわけではなく、忙しいスケジュールの中で2ヶ月間どのように自分の目標を達成していくのか、目標達成型のTOEICプログラムとなっています。 目指しているのは、TOEIC800点という点数ではないと思います。その点数の先に何を目標としているのか、それを明確にしている人たちが集まります。資格は一瞬、やりたいことは一生やる。 本気で人生に挑む人たちともに、一緒に目標を達成しましょう。

【TOEIC800対策・東京港区六本木スクール】〜TOEIC PART7 チャット形式のコツ〜

  • by
Hi, 東京港区六本木を拠点にTOEICスクールにて講師をやっている、TOEICコーチングのUNOです。 今回もTOEIC800点に向けて勉強されている方を対象に、攻略法や、テクニック、資格に対するモチベーションについて書いていきたいと思います。 TOEICが新形式になってから様々な新しい問題がでてきています。読解問題で難しと言われているのがチャット形式の問題ですね。ビジネス英語というよりも日常会話のフレーズが多用されており、どこに答えが書かれているのかもつかみにくくなっています。 今回は、TOEIC800点を獲得するに向けて攻略したいチャット形式の読解問題のコツについて書いていきたいと思います。 ①登場人物の人数を把握 まずは、登場人物を把握しましょう。一つのオンラインチャットに3人、4人など様々な人が一気にでてくると、会話の流れが置いにくいですね。なので、まずは名前をみて読んだ後に整理しやすいように登場人物を把握しておきましょう。そして、問題で問われたときに、何度も返りよみをすることを防ぐことができます。 ②疑問文に着目 基本的にこの形式では、疑問文がよく使われます。疑問文は、チャットをしている目的となる内容が後ろにきやすいので、まずは、正直に上から順番にざっと読むのではなく、一体どんな話をしているのかを把握するため、まずは疑問文から読んでみることも一つの戦略ですね。 東京港区六本木で運営している私のTOEICスクールでは、本気でTOEIC800点や900点を獲得したい方に向けて講座を行っております。 単に、授業で問題を解説するというわけではなく、忙しいスケジュールの中で2ヶ月間どのように自分の目標を達成していくのか、目標達成型のTOEICプログラムとなっています。 目指しているのは、TOEIC800点という点数ではないと思います。その点数の先に何を目標としているのか、それを明確にしている人たちが集まります。資格は一瞬、やりたいことは一生やる。 本気で人生に挑む人たちともに、一緒に目標を達成しましょう。

【TOEIC800対策・東京港区六本木スクール】〜TOEIC Part7で必ず答えになる箇所〜

  • by
Hi, 東京港区六本木を拠点にTOEICスクールにて講師をやっている、TOEICコーチングのUNOです。 今回もTOEIC800点に向けて勉強されている方を対象に、攻略法や、テクニック、資格に対するモチベーションについて書いていきたいと思います。 TOEIC800点を獲得するにあたって大事なことは時間配分です。制限時間内に解ける問題のすべてを解ききることが最も重要になってきます。そこで今回は、多くの人が時間をかけてしまい制限時間以内に間に合わない原因となっているpart7のコツについて書いていきたいと思います。 ①discountの条件 TOEICではよくクーポンや、discountなど、割引に関する情報がよく出てきます。なぜ多く出てくるのかというと、細部まで受験者が読めているかどうかを確かめるためです。気をつけるべきポイントは、読んでいるときに、discountの条件はまず何かを把握しておくと、問題でほぼ確実に問われるので点数に繋がります。 ②*やnoteなどの本文とは関係のない備考欄 TOEICでは、本文とは関係ないところで答えの根拠が書かれていることが非常に多いです。*やNOTE等の備考欄のような部分が本文にある場合、答えが隠れていることが非常に多いので、ここだけは精読して何を意図しているのか把握しておきましょう。 いかがでしたでしょうか。PART7は普通に解いている時間が間に合いません。だからこそ、読む前から大体どこに答えの根拠が書かれているのかを把握しておくと便利ですね。 東京港区六本木で運営している私のTOEICスクールでは、本気でTOEIC800点や900点を獲得したい方に向けて講座を行っております。 単に、授業で問題を解説するというわけではなく、忙しいスケジュールの中で2ヶ月間どのように自分の目標を達成していくのか、目標達成型のTOEICプログラムとなっています。 目指しているのは、TOEIC800点という点数ではないと思います。その点数の先に何を目標としているのか、それを明確にしている人たちが集まります。資格は一瞬、やりたいことは一生やる。 本気で人生に挑む人たちともに、一緒に目標を達成しましょう。

【TOEIC800対策・東京港区六本木スクール】〜留学してもTOEICの点数がうまく伸びない理由〜

  • by
Hi, 東京港区六本木を拠点にTOEICスクールにて講師をやっている、TOEICコーチングのUNOです。 今回もTOEIC800点に向けて勉強されている方を対象に、攻略法や、テクニック、資格に対するモチベーションについて書いていきたいと思います。 私達はCOMMENCEMENTの英語事業の他に、留学事業としてアイルランドへの留学支援を行っています。その中で、留学はしたけれども英語が話せずに帰国した人も多くいます。これは、留学にいったことがあるものからするとあるあるだそうなのですが、留学先で日本人と固まってしまい結局英語が話せず帰ってくることはよくあるそうです。 海外に長く住んでいたからといって英語ができるようになるわけではないということがここあらもわかります。やはり自ら積極的に学びに行かなければいけません。 なにより、留学にいった、海外に住んでいた、という人でも中々TOEIC800点という点数を獲得できる人も実は少なくありません。 本日は、TOEIC800点獲得を目指す方々に向けて、海外に生活するほど長く英語に浸ったとしても英語ができるようにならない例を示し、そこからどのような姿勢でTOEIC800点を受けに向かうべきなのか、書いていきたいと思います。 ①傾向や戦略を知らない 留学や海外に住んでいたからと言って、TOEICの形式を知っているかたいうとそういうわけではありませんね。今まで海外に長くいて英語にはある程度慣れているからと安心感を持って挑むと大変なことになります。せっかく留学にいって英語力を武器にしたいのであれば、まずはその英語力を見てもらうための英語力を示すTOEICは必要ですね。しっかりとTOEICに向けた対策も同時にしていくことが重要です。 ②内容は理解できるけれども問題が解けない TOEICの形式に慣れていないと、問題を読んで理解できても、問題を解くのに時間がかかってしまったり、そもそも傾向やTOEICのポイントが理解できずにTOEICに挑むと気づくことになります。逆に言えばTOEICの傾向やポイントを知っていれば、特別な留学の経験などがなくても点数は獲得できるということです。 ③留学先では基本的にリスニングとスピーキング 留学先にいくと大学留学などでなかればあまり文章をたくさん読む機会などはありません。スピーキングでも話す内容などが決まっていますし、TOEICで使われるビジネス表現を使う機会などはあまりないです。もちろん日常生活で使われるような表現もあるのですが、ほとんどがビジネス表現になっています。 いかがでしたでしょうか。TOEICにはうやはり、TOEICの対策をする必要がありますね。 東京港区六本木で運営している私のTOEICスクールでは、本気でTOEIC800点や900点を獲得したい方に向けて講座を行っております。 単に、授業で問題を解説するというわけではなく、忙しいスケジュールの中で2ヶ月間どのように自分の目標を達成していくのか、目標達成型のTOEICプログラムとなっています。 目指しているのは、TOEIC800点という点数ではないと思います。その点数の先に何を目標としているのか、それを明確にしている人たちが集まります。資格は一瞬、やりたいことは一生やる。 本気で人生に挑む人たちともに、一緒に目標を達成しましょう。

【TOEIC800対策・東京港区六本木スクール】〜TOEIC PART5の勉強でやっていはいけないこと〜

  • by
Hi, 東京港区六本木を拠点にTOEICスクールにて講師をやっている、TOEICコーチングのUNOです。 今回もTOEIC800点に向けて勉強されている方を対象に、攻略法や、テクニック、資格に対するモチベーションについて書いていきたいと思います。 TOEIC800点を獲得する上で、PART5は8割以上点数を獲得できなければいけません。だからこそ、文法は常に毎日勉強していくことがすごく大事なのですが、日々の勉強の中で何を重きに置きながら勉強するのかよくわかりませんね。問題集をとにかくやるべきなのか、参考書を読むべきなのか、いろんな方法があります。 本日は、TOEIC800点を獲得するうえでもっとも大切な要素であるPART5を勉強するにあたって逆にやってはいけない勉強法を紹介していきたいと思います。 ①文法書を徹底的に読む FORESTや一億人の英文法などのような文法書をイチから勉強しているときりがありません。TOEICの公式問題集で演習をした結果、文法が全然できておらずまる一冊終わらせてから取り組もうとするかたもいらっしゃいますが、一周するだけでも時間がかかってしまいますし、そもそも一周して覚えられるほど文法は簡単ではありません。なので、公式問題集など問題を演習しながら、わからないところを中心に調べる辞書代わりに使うことがおすすめです。 ②様々な参考書を読みあさる たくさんの参考書をやったからといって点数が伸びるわけでありません。もし、このブログをみているみなさんが短期間で点数を取る必要があるのであれば、TOEICの作成者が求めるテストの意図を読み込んで、要領よく勉強する必要があります。参考書は一冊を読み込み、傾向をしっかりと使うことが重要です。 ③問題演習のみやる 公式問題集のみ何度やっても点数が上がるわけではありません。模試で一度問題を解くことで得れるものは、本番の形式と、時間感覚、新しい単語くらいです。参考書と問題演習両方やることが重要です。 東京港区六本木で運営している私のTOEICスクールでは、本気でTOEIC800点や900点を獲得したい方に向けて講座を行っております。 単に、授業で問題を解説するというわけではなく、忙しいスケジュールの中で2ヶ月間どのように自分の目標を達成していくのか、目標達成型のTOEICプログラムとなっています。 目指しているのは、TOEIC800点という点数ではないと思います。その点数の先に何を目標としているのか、それを明確にしている人たちが集まります。資格は一瞬、やりたいことは一生やる。 本気で人生に挑む人たちともに、一緒に目標を達成しましょう。

【TOEIC800対策・東京港区六本木スクール】〜単語帳か単語アプリか〜

  • by
Hi, 東京港区六本木を拠点にTOEICスクールにて講師をやっている、TOEICコーチングのUNOです。 今回もTOEIC800点に向けて勉強されている方を対象に、攻略法や、テクニック、資格に対するモチベーションについても書いていきたいと思います。 TOEIC800点獲得に向けて、語彙の勉強は必須です。単語の増強は地味ですし、語学の中でもなかなか気が進まない分野でもありますね。 そこで最近は、様々な単語帳や、スマホアプリなど、勉強できる手段いくつもあるので逆に悩んでしまいますね。よく単語帳か、スマホアプリの単語帳どちらが効果的なのか質問されますが、私は両方使いこなすことをおすすめします。そして、その順番が大事だと考えます。 ①まずは一冊の単語帳を徹底的に使いこなす 自分が使いやすそうだと思った単語帳を徹底的にやりましょう。一周で覚えられるわけではありません。少なくとも3周くらいしてやっと慣れてきたという感覚になるくらいです。重要なことは一冊に絞ってその単語帳を徹底的にやることです。 ②アプリで通勤中にゲーム感覚で覚える 単語帳を覚えてきたら、あとはそれを何度もテストしましょう。そこで初めて使えるのがアプリです。どちらかというとアプリは問題演習用ですね。最初からアプリで覚えようとすると単に問題演習だけになってしまいます。 基盤づくりが単語帳、問題演習がアプリで、うまく両方を使いこなしながら800点獲得を目指しましょう! 東京港区六本木で運営している私のTOEICスクールでは、本気でTOEIC800点や900点を獲得したい方に向けて講座を行っております。 単に、授業で問題を解説するというわけではなく、忙しいスケジュールの中で2ヶ月間どのように自分の目標を達成していくのか、目標達成型のTOEICプログラムとなっています。 目指しているのは、TOEIC800点という点数ではないと思います。その点数の先に何を目標としているのか、それを明確にしている人たちが集まります。資格は一瞬、やりたいことは一生やる。 本気で人生に挑む人たちともに、一緒に目標を達成しましょう。

【TOEIC800対策・東京港区六本木スクール】〜文法書を書うべきか買うべきでないか〜

  • by
Hi, 東京港区六本木を拠点にTOEICスクールにて講師をやっている、TOEICコーチングのUNOです。 今回もTOEIC800点に向けて勉強されている方を対象に、攻略法や、テクニック、資格に対するモチベーションについて書いていきたいと思います。 TOEIC800点獲得に向けて勉強する際、Forestや一億人の英文法のような文法書などを買うべきかどうか迷いますね。 購入したとしても全然つかわずに本棚に何年も置いてある人もいるかと思いますが、今回は文法書をどのようにTOEIC800点を目指す上で有効活用できるかについて書いていきたいと思います。 ①辞書代わりに使う PART5などの問題を解いていると、解説をみてもよく理解できない文法と出会うことはよくあると思います。文法書をまる一冊すべてを終わらせるのは非常に大変ですし、時間もかかり、結局長期でだらだらやってしまうことになります。文法書は辞書代わりに使うことをおすすめします。TOEICで文法問題をといていて、解説を読んでもよくわからなかったときの最終手段として持っておくだけでOKです。 私も大学の頃は特別英米学科でもなかったので、社会人になってからも文法がよく理解できないままでした。そこから縁があって人材コンサルティング企業のグローバル本部に配属していただいたのですが、やはりビジネスの現場である程度の文法を理解していないと信頼にもつながるなと気付きもう勉強していました。そのときにやっていたのは、その文法が必要になったときに徹底的に調べるということです。必要性を感じないとモチベーションも上がりませんでした。なのでまずは文法を勉強する必要性を作り出すために、ひたすらPART5の問題を解いていきましょう。 ②基礎的な文法だけ学ぶ TOEIC800点を獲得する上で最も大事なことは、制限時間内に解ける問題をすべて解ききることです。だからこそ、基礎的な文法の理解はMUSTですね。しかし、基礎と言っても、TOEICで問われる文法の問題というのは限られています。だからこそ、まずは、PART5の文法問題をやりこみ、傾向を知り、学ぶ文法のターゲットを見据えた上で勉強していきましょう。 いかがでしたでしょうか。総じて、文法書は買うべきですが、しっかりと有効活用していきましょう! 東京港区六本木で運営している私のTOEICスクールでは、本気でTOEIC800点や900点を獲得したい方に向けて講座を行っております。 単に、授業で問題を解説するというわけではなく、忙しいスケジュールの中で2ヶ月間どのように自分の目標を達成していくのか、目標達成型のTOEICプログラムとなっています。 目指しているのは、TOEIC800点という点数ではないと思います。その点数の先に何を目標としているのか、それを明確にしている人たちが集まります。資格は一瞬、やりたいことは一生やる。 本気で人生に挑む人たちともに、一緒に目標を達成しましょう。

【TOEIC800対策・東京港区六本木スクール】〜間違いだらけのTOEIC勉強法〜

  • by
Hi, 東京港区六本木を拠点にTOEICスクールにて講師をやっている、TOEICコーチングのUNOです。 今回もTOEIC800点に向けて勉強されている方を対象に、攻略法や、テクニック、資格に対するモチベーションについて書いていきたいと思います。 本日は、TOEIC800点を獲得する方々に向けて、少しでも効率のいい勉強をはじめからできるように逆に間違った勉強方法について書いてきたいと思います。 ①まったく意味の理解できないリスニングを聞き続ける 英語のリスニングを勉強する際に、とにかく英語を聞けばいい、量を聞けばいいという方が多くいますが、まったく内容が聞き取れないまま英語が聞き取れるようになるというのはマジックでしかありません。この論理はおそらく海外に住んでいた人や、留学していた人が、とりあえず英語の環境にいれば英語が聞き取れるようになったという論理からくるのでしょう。海外に住んでいればそれはもう聞き取れなければ生活できませんし、それはもう本気で勉強してます。あらゆる手段を使って勉強するので、それを本人がそもそも勉強と捉えていないだけです。なので、とりあえず生活していたら聞き取れるようになったというようになります。日本にいては外資系で外国人しかいない環境というのは中々手にすることはできません。まずは、聞き取れる内容のリスニングを選択して、それを毎日聞くことが大事です。 ②理解に偏った問題演習をしている TOEIC800点を獲得するにあたって最も重要なことは、制限時間内に解ける問題をとききることが最も重要です。なので、スピードを常に意識していないと間に合いません。言い換えると、練習の段階で解くスピードをあげるトレーニングを集中して行わないと、本番では間に合わないし、TOEIC800 点に到達することはありません。練習の段階ですべての問題を理解することが目的になっていませんか?英語力をあげるのにはとてもいい方法ですが、TOEIC800点を獲得するにはその目的は間違っています。 ③効率に頼りすぎている 語学学習というのは、相当な量をやらないと身につきません。もちろん、生産性も大事ですね。その上に量をやっていかないと、短期間で結果をだすことなんてできません。一番だめなことは、効率を求めすぎて様々なやり方に手を出し、結局なにもせずに終わることが一番もったいないです。特にビジネスマンは忙しいので、生産性を求めますが、語学は不思議な事にどれだけ効率がよくても伸ばすのに非常に時間がかかります。 東京港区六本木で運営している私のTOEICスクールでは、本気でTOEIC800点や900点を獲得したい方に向けて講座を行っております。 単に、授業で問題を解説するというわけではなく、忙しいスケジュールの中で2ヶ月間どのように自分の目標を達成していくのか、目標達成型のTOEICプログラムとなっています。 目指しているのは、TOEIC800点という点数ではないと思います。その点数の先に何を目標としているのか、それを明確にしている人たちが集まります。資格は一瞬、やりたいことは一生やる。 本気で人生に挑む人たちともに、一緒に目標を達成しましょう。

【TOEIC800対策・東京港区六本木スクール】〜TOEICはネイティブに教えてもらうか、日本人講師に教えてもらうのかどちらがいいか〜

  • by
Hi, 東京港区六本木を拠点にTOEICスクールにて講師をやっている、TOEICコーチングのUNOです。 今回もTOEIC800点に向けて勉強されている方を対象に、攻略法や、テクニック、資格に対するモチベーションについて書いていきたいと思います。 英語の勉強をする際に最初に悩むのが日本人講師に教えてもらうべきか、外国人講師に教えてもらうべきか、悩みますね。私は、常にどっちとも取る方をおすすめします。レベルによっても異なりますが、中級者かつ大人であれば日本人講師から教えてもらうほうがいいと思います。私自身も、様々な外国人とともに働いたり、海外にステイしたりしていましたが、一番伸びたと思うのは、個人的に日本人でイチから英語を学んだ人につきっきりで教えてもらったことで伸びました。なぜかというと、様々なフレーズや、単語など、コミュニケーションのとり方から細部まで教えていただけるし納得しやすいです。ネイティブだとなんとなく喋った気になって、結局今日は何を学んだろうと思ってかえってしまい、常に消化不良でした。 TOEICでいうと、これは英会話を学ぶよりもはるかに日本人講師がおすすめですね。そもそもテスト対策はテクニックや勉強法が非常に大事になってきます。論理的にしっかりと理解した説明でないと納得しづらいです。ネイティブの先生でももちろん様々なニュアンスを教えてくれますが、それが記憶に定着しやすいかというかというとそういうわけではありませんね。強いて言うならばリスニング力がある程度向上するくらいです。 TOEICで高得点を獲得するあたって、日本人講師に学ぶか、ネイティブ講師に学ぶか、どちらがいいかというと、それはレベルによりますが、TOEIC800点を獲得したいのであれば、日本人講師に一つ秘湯の問題を徹底的に学ぶほうがいいですね。 東京港区六本木で運営している私のTOEICスクールでは、本気でTOEIC800点や900点を獲得したい方に向けて講座を行っております。 単に、授業で問題を解説するというわけではなく、忙しいスケジュールの中で2ヶ月間どのように自分の目標を達成していくのか、目標達成型のTOEICプログラムとなっています。 目指しているのは、TOEIC800点という点数ではないと思います。その点数の先に何を目標としているのか、それを明確にしている人たちが集まります。資格は一瞬、やりたいことは一生やる。 本気で人生に挑む人たちともに、一緒に目標を達成しましょう。

【TOEIC800対策・東京港区六本木スクール】〜TOEIC PART5を5分で解ききる方法〜

  • by
Hi, 東京港区六本木を拠点にTOEICスクールにて講師をやっている、TOEICコーチングのUNOです。 今回もTOEIC800点に向けて勉強されている方を対象に、攻略法や、テクニック、資格に対するモチベーションについて書いていきたいと思います。 TOEIC800点を獲得するにあたって、大事なことは制限時間内に解ける問題をすべて解ききることが大事でしたね。Part7が最も時間がかかるからこそ、長文読解に最も集中していかなければいけません。しかし、Part7を解くのにほとんど時間はない状態ではTOEIC800点を超えることは難しいです。他のパートをできるだけ早く解かなければいけません。なので、本日はPart5を5分で解く方法を書いていきたいと思います。 ①文法問題は前後の文構造で約5秒で解く 分詞、動名詞、関係代名詞などの文法問題は本来を時間をかけずとも解ける問題になっています。今まで何千人と見てきましたが、最初にPart5から解く人は時間がたくさんあるので、遅くときがちです。本来解かなくてもいい難しい問題まで解こうと、難しい問題にいつまでも時間をかけて解けないと、確実に制限時間内にまち合いません。Part5の文法問題は、意味を考えずに前後の文構造だけで判断できます。このPart5瞬発解答方法を覚え、実践して、余った時間をPart7に費やすことが最も大事です。 ②難易度の低い前後の単語の関係でわかる単語の問題は約5秒で解く 選択肢をみて異なる単語が並んでいた場合は、それは単語の問題です。そもそも4つの選択肢の意味がわかっていない場合解けないので、必ず語彙は勉強しておきましょう。単語さえわかっていれば、ほとんどの問題は、前後の単語の関係で解けます。見るのは前後だけです、全体の意味をとって回答しようとしている方はいますぐにやり方をかけたほうがいいです。 ③フレーズ問題は約3秒 either A or B、neither A nor B、both A and B by for ourselvesなど、このような典型的な表現を暗記してでてきたら一瞬で解けるようにしていきましょう。 東京港区六本木で運営している私のTOEICスクールでは、本気でTOEIC800点や900点を獲得したい方に向けて講座を行っております。 単に、授業で問題を解説するというわけではなく、忙しいスケジュールの中で2ヶ月間どのように自分の目標を達成していくのか、目標達成型のTOEICプログラムとなっています。 目指しているのは、TOEIC800点という点数ではないと思います。その点数の先に何を目標としているのか、それを明確にしている人たちが集まります。資格は一瞬、やりたいことは一生やる。… Read More »【TOEIC800対策・東京港区六本木スクール】〜TOEIC PART5を5分で解ききる方法〜