スクール

【TOEIC800対策・東京港区六本木スクール】〜TOEIC Part3,4を一日で上げる方法〜

  • by
Hi, 東京港区六本木を拠点にTOEICスクールにて講師をやっている、TOEICコーチングのUNOです。 今回もTOEIC800点に向けて勉強されている方を対象に、攻略法や、テクニック、資格に対するモチベーションについて書いていきたいと思います。 ①本文の最後 設問の最後の問題は、本文の最後に流れる可能性が高いです。なので、本文の内容が例えよくわからなかったとしても、この部分はしっかりと聞き取れていれば、答えられる問題がほとんどなんですね。英語力というより、一つの単語を知ってるかどうかの勝負になり、他の問題と比べて極めて簡単です。 ②写真問題 写真問題は、他の問題と比べて情報量が多いのですが、写真を見た瞬間選択肢を削れる可能性が高いです。また、写真問題のポイントをいうと、ほとんどの場合、選択肢にでてくる単語は本文でそのまま言及されることはありません。それでは写真の意味がなくなるからです。まずは、選択肢が写真上で何に言い換えられ、本文で言及されるのか確認しておくと解きやすくなります。 ③本文引用問題 本文引用問題とは、ある1文がピックアップされており、その表現が文脈上どういう意味なのかを問う問題です。準備なしに解いてしまうと情報量が多く難しいのですが、コツを覚えてしまうと簡単です。この問題も実は、表現を知っていれば、本文をきかずとも論理的に解答を絞ることが出来るんですね。表現をしっているだけで、答えを見つけられる問題もあります。 いかがでしたでしょうか。リスニング力を根本から上げるには非常に時間がかかります。TOEIC800点という高得点を目指したいのであれば、このようなテクニックもしっかり活用して、確実に目標点数を超えていきましょう。 東京港区六本木で運営している私のTOEICスクールでは、本気でTOEIC800点や900点を獲得したい方に向けて講座を行っております。 単に、授業で問題を解説するというわけではなく、忙しいスケジュールの中で2ヶ月間どのように自分の目標を達成していくのか、目標達成型のTOEICプログラムとなっています。 目指しているのは、TOEIC800点という点数ではないと思います。その点数の先に何を目標としているのか、それを明確にしている人たちが集まります。資格は一瞬、やりたいことは一生やる。 本気で人生に挑む人たちともに、一緒に目標を達成しましょう。

【TOEIC800対策・東京港区六本木スクール】〜TOEICの単語力増強にAnki〜

  • by
Hi, 東京港区六本木を拠点にTOEICスクールにて講師をやっている、TOEICコーチングのUNOです。 今回もTOEIC800点に向けて勉強されている方を対象に、攻略法や、テクニック、資格に対するモチベーションについて書いていきたいと思います。 本日は、TOEIC800点を獲得する上で重要な語彙力を高めるために役立つ、ankiというツールを紹介したいと思います! ①自分のわからない単語集をつくることができる Ankiはweb上のフラッシュカードと思っていただければイメージしやすいですね。スマホのアプリでとれるので、どこでも復習できますし、TOEICの公式問題集を解いた後に、わからなかった単語などをすべてそこにいれておくと、勝手に毎回テストしてくれます。とりあえずノートに書いておいてあとで見返さないということをさけることできます。 ②忘れた頃にリマインドしてくれる Ankiのいいところは、ちょうどその単語を忘れた頃にリマインドしてくれます。なので、記憶に定着しやすく、自ら見直すという無駄な脳内メモリーをへらすことにもつながり、他の勉強や仕事にも集中しやすいです。 ③覚えてしまった単語は覚える必要はない Ankiの強みが、わからない単語を徹底的に復習してくれるところです。Ankiは勝手にテストをしてくれるので、そこで答えられなかった問題と答えられた問題を明確に区別し、答えられた問題は数週間後、数カ月後と、だいぶ先にリマインドされ、わからなかったところが数日後にリマインドされるという、非常に良くできています。 いかがでしたでしょうか。TOEIC800点は非常に高い壁です。あらゆるツールを使いこなして、日常生活で英語を自動的に勉強しやすくするシステムをつくると、英語学習を習慣化させることに成功しますよ! 東京港区六本木で運営している私のTOEICスクールでは、本気でTOEIC800点や900点を獲得したい方に向けて講座を行っております。 単に、授業で問題を解説するというわけではなく、忙しいスケジュールの中で2ヶ月間どのように自分の目標を達成していくのか、目標達成型のTOEICプログラムとなっています。 目指しているのは、TOEIC800点という点数ではないと思います。その点数の先に何を目標としているのか、それを明確にしている人たちが集まります。資格は一瞬、やりたいことは一生やる。 本気で人生に挑む人たちともに、一緒に目標を達成しましょう。

【TOEIC800対策・東京港区六本木スクール】〜英会話をやればTOEICは伸びるのか〜

  • by
Hi, 東京港区六本木を拠点にTOEICスクールにて講師をやっている、TOEICコーチングのUNOです。 今回もTOEIC800点に向けて勉強されている方を対象に、攻略法や、テクニック、資格に対するモチベーションについて書いていきたいと思います。 よく英会話を勉強していると、TOEICの点数は伸びるのかという質問をうけます。結論から言うと、点数は上がります。しかし、TOEIC800点や、900点を短期間でとっていきたいというのであれば、TOEICに集中するべきです。多くの場合、TOEICと英会話両方一気に勉強したいという方が増えてきましたので、英会話を勉強し続けると、どのようにTOEICの点数に直結していくのかについて書いていきたいと思います。 ①リスニング力があがる いわずもがな、相手の言っていることを聞き取ろうと努力するので、リスニング力はラジオや洋楽などを聞くよりも格段に上がります。どうしても、リスニングの教材になると、聞き方が受動的になってしまいます。しかし、話すとなると相手のいっていることを聞き取らなければいけないので、能動的な聞く姿勢が醸成され、徐々にリスニング力も上がっていきます。 ②読むスピードが早くなる 日本語→英語、英語→日本語に処理するスピードが高まります。英会話では特にこれがないと、会話についていけなくなってしまうので、かなり鍛えられます。この英語→日本語に処理する力が早ければ早いほど、リーディングのスピードが早くなり、速読力も同時に向上します。 ③語彙力が高くなる 会話でわからない単語が出てくると、話の内容を理解するため聞きますね。そこで覚えた単語は、相手と話していた内容の中ででてきた単語でもあるので、印象が強く覚えやすいです。 いかがでしたでしょうか。TOEICと英会話を同時に行うことは、英語→日本語、日本語→英語の処理速度を高めるため、非常に効果的です。 東京港区六本木で運営している私のTOEICスクールでは、本気でTOEIC800点や900点を獲得したい方に向けて講座を行っております。 単に、授業で問題を解説するというわけではなく、忙しいスケジュールの中で2ヶ月間どのように自分の目標を達成していくのか、目標達成型のTOEICプログラムとなっています。 目指しているのは、TOEIC800点という点数ではないと思います。その点数の先に何を目標としているのか、それを明確にしている人たちが集まります。資格は一瞬、やりたいことは一生やる。 本気で人生に挑む人たちともに、一緒に目標を達成しましょう。

【TOEIC800対策・東京港区六本木スクール】〜TOEICか英会話、どっちを優先すべきか〜

  • by
Hi, 東京港区六本木を拠点にTOEICスクールにて講師をやっている、TOEICコーチングのUNOです。 今回もTOEIC800点に向けて勉強されている方を対象に、攻略法や、テクニック、資格に対するモチベーションについて書いていきたいと思います。 よく質問で受けるのが、TOEICと英会話学習をどちら優先すればいいのかという質問です。 本日は、目的別によって、英語力を上げるためにTOEICと英会話学習のどちらに比重を置きながら勉強していくべきなのか書いていきたいと思います。 ①TOEICの点数が急務な場合 TOEIC800点、900点のような点数を短期間で撮って転職や、昇進したいと思う方は、TOEICの対策をするべきです。特に短期間であれば、TOEIC学習に集中するべきでしょう。もし、長期で取りたいようであれば、英会話も同時にやると、徐々に英語脳に近づいていくるので、両方同時にやることもおすすめです。 ②英語を話すことが急務な場合 いきなり海外部署に入れられてしまった、外国人の上司になった、などの状況位おいてはこれはTOEICと英会話を両方同時に学習することをおすすめします。TOEICでは日常会話から、ビジネス英会話まで、本当に幅広く出題されるので、インプットの手段としては非常に便利ですね。TOEICでインプットをし、社内で英会話をアウトプットするば、非常に英語力としても伸びやすいです。 東京港区六本木で運営している私のTOEICスクールでは、本気でTOEIC800点や900点を獲得したい方に向けて講座を行っております。 単に、授業で問題を解説するというわけではなく、忙しいスケジュールの中で2ヶ月間どのように自分の目標を達成していくのか、目標達成型のTOEICプログラムとなっています。 目指しているのは、TOEIC800点という点数ではないと思います。その点数の先に何を目標としているのか、それを明確にしている人たちが集まります。資格は一瞬、やりたいことは一生やる。 本気で人生に挑む人たちともに、一緒に目標を達成しましょう。

【TOEIC800対策・東京港区六本木スクール】〜制限時間を設けてしまうとTOEICの問題が解けなくなってしまう方のための対処法〜

  • by
Hi, 東京港区六本木を拠点にTOEICスクールにて講師をやっている、TOEICコーチングのUNOです。 今回もTOEIC800点に向けて勉強されている方を対象に、攻略法や、テクニック、資格に対するモチベーションについて書いていきたいと思います。 本日は、本番におけるプレッシャーとどう戦うかについての記事を書いていきたいと思います。 ①試験慣れをする どんな試験も頑張って努力してきたからこそ、緊張はするものです。制限時間の焦りで、いつもの練習の時同じペースでとけるはずがないので、毎月うけれるときに受けるようにしましょう。何度も受けてTOEICの点数があがるというのはよくあることです。 ②焦っても正答率が下がらないように誰よりも努力する 本番と練習は違います。練習のときにできていた問題がうまくとけなかったするのも当たり前ですし、だからこそ、調子が悪いときでもTOEIC800点を獲得できる状況を目指さなければいけません。なので、TOEIC800点を目指す方は、目標点数の基準を上げる必要があり、860点くらいを目安にして勉強するといいでしょう。 ③いっそのことまったく時間を気にせずに、解く 何度も時間を図ってテストをやってもうまくいかない場合、いっそのことまったく時間をはからずに解いてしまいしょう。こちらは最終手段で、あまりおすすめはしていないのですが、どうしても無理な場合は自分にプレッシャーをかけることをやめ思うがままに解いてみましょう。 東京港区六本木で運営している私のTOEICスクールでは、本気でTOEIC800点や900点を獲得したい方に向けて講座を行っております。 単に、授業で問題を解説するというわけではなく、忙しいスケジュールの中で2ヶ月間どのように自分の目標を達成していくのか、目標達成型のTOEICプログラムとなっています。 目指しているのは、TOEIC800点という点数ではないと思います。その点数の先に何を目標としているのか、それを明確にしている人たちが集まります。資格は一瞬、やりたいことは一生やる。 本気で人生に挑む人たちともに、一緒に目標を達成しましょう。

【TOEIC800対策・東京港区六本木スクール】〜TOEIC PART6:文挿入問題の解き方〜

  • by
Hi, 東京港区六本木を拠点にTOEICスクールにて講師をやっている、TOEICコーチングのUNOです。 今回もTOEIC800点に向けて勉強されている方を対象に、攻略法や、テクニック、資格に対するモチベーションについて書いていきたいと思います。 Part6は多くの人が苦手な分野としているパートです。特に、新形式になってから出題している、文挿入問題は、しっかりと文章を読んでいないと解けない問題になっているので、正答率も低いです。 本日は、part6の文挿入問題を解くために、どのようにして解いていくのか書いていきたいと思います。 ①全体のテーマを掴む 文挿入問題で大事なことは、正確に文章の大きなテーマを理解することです。なので、冒頭の段落はとくに精読して理解する必要があります。文章の軸をしっかりつかめば、難しいフレーズや単語がでてきたとしても、焦らずに解くことができます。 ②文章の流れを追う 全体のテーマを理解していれば、ある程度の文章の流れを読めますが、さらに正確に理解するために接続詞を追っていくことです。一つ一つの接続詞の役割を把握しておくと各段落のテーマとなる部分早く理解できるようになってきます。 ③周辺の+、−をイメージ こちらは二番目の、接続詞を追うということに少し似ていますが、文章全体の流れを+、−でイメージしながらみていく、話の内容がつかみやすいです。特に、part6では接続詞、副詞を選ぶ問題が頻出ですので、こちらを意識するだけで文法問題も、文挿入問題も両方解けます。 東京港区六本木で運営している私のTOEICスクールでは、本気でTOEIC800点や900点を獲得したい方に向けて講座を行っております。 単に、授業で問題を解説するというわけではなく、忙しいスケジュールの中で2ヶ月間どのように自分の目標を達成していくのか、目標達成型のTOEICプログラムとなっています。 目指しているのは、TOEIC800点という点数ではないと思います。その点数の先に何を目標としているのか、それを明確にしている人たちが集まります。資格は一瞬、やりたいことは一生やる。 本気で人生に挑む人たちともに、一緒に目標を達成しましょう。

【TOEIC800対策・東京港区六本木スクール】〜TOEIC学習でやってはいけない暗記法〜

  • by
Hi, 東京港区六本木を拠点にTOEICスクールにて講師をやっている、TOEICコーチングのUNOです。 今回もTOEIC800点に向けて勉強されている方を対象に、攻略法や、テクニック、資格に対するモチベーションについて書いていきたいと思います。 TOEIC800点を獲得するにあたって、単語の増強は必須です。といっても、どれだけ単語帳を勉強しても覚えられない場合もあります。自分にあったやり方を見つけるは難しいですね。 今回は、一人でも多くのTOEIC受講生が、自分にあった単語暗記法に出会えるためにも、あえて中々覚えられそにない暗記法を紹介していきたいと思います。 ①単語帳に乗っている単語を完璧に覚えようとすること 単語帳にのっている単語帳が一回のテストですべて出ることはありません。あまり出現頻度の低い難関な単語を覚えても、それはあまり意味がありません。最低限の単語さえ知っていれば、長文のテーマを掴み、類推法をさえ知れば読んだり、理解することができます。 ②公式問題集でわからなかった単語をすべてピックアップ 公式問題集を解いた後、解説を確認すると思いますが、そこには長文ででてきた重要な単語がリストアップされています。私は、単語帳よりもそこにのっている単語で勉強することのほうが覚えやすいと思っているのですが、あれをすべてピックアップしてノートにとっていると非常に時間がかかります。 ③様々な単語帳で覚えること これが一番ワーストなケースです。一冊仕上げたから次の単語帳にいくというのは、まったく違う形式を持っている単語帳に映るということです。もちろん、人が作った本なので、重要視しているポイントは作成側によって異なります。なので、様々な情報がはいってきた逆に混乱してしまいます。 いかがでしたでしょうか。TOEIC800点を獲得するにあたって、やってはいけないことを最初に把握するだけでも学習の効率性が変わりますね。 東京港区六本木で運営している私のTOEICスクールでは、本気でTOEIC800点や900点を獲得したい方に向けて講座を行っております。 単に、授業で問題を解説するというわけではなく、忙しいスケジュールの中で2ヶ月間どのように自分の目標を達成していくのか、目標達成型のTOEICプログラムとなっています。 目指しているのは、TOEIC800点という点数ではないと思います。その点数の先に何を目標としているのか、それを明確にしている人たちが集まります。資格は一瞬、やりたいことは一生やる。 本気で人生に挑む人たちともに、一緒に目標を達成しましょう。

【TOEIC800対策・東京港区六本木スクール】〜TOEIC弱点を見つける前にやっておきたいこと〜

  • by
Hi, 東京港区六本木を拠点にTOEICスクールにて講師をやっている、TOEICコーチングのUNOです。 今回もTOEIC800点に向けて勉強されている方を対象に、攻略法や、テクニック、資格に対するモチベーションについて書いていきたいと思います。 TOEIC800点を目指す上で、本番のテストが近づいてこれば近づいてくるほどなにをすべきなのか不安になってしまいますね。公式問題集を解いたほうがいいのか、どこかパートごとに集中して勉強したほうがいいのか、いろんな方法があります。特にこのあたりになってくると、弱点対策をしようと一点集中に切り替えようとする方もいますが、これは非常に危険です。なにかに集中するということを、なにかをやらないということです。弱点対策は、まず基礎的なことが全体的にできていないのであれば、やらないほうがいいです。 本日は、弱点対策を行う前に、前提の基礎知識となる部分を守れているのか確認するための記事を書いていきたいと思います。 ①制限時間が間に合うか TOEIC800点を獲得するにあたって最も重要な要素ですね。時間間に合わずして、TOEIC800点を超えることは難しいです。毎回の模試で、しっかりと時間を図って最後まで解ききれているのか、まずはこちらを確認しましょう。 ②基礎的単語力があるか そもそも最低限の単語力がないのであれば、リスニングを聞くことはできないですし。リーディングも読めません。弱点対策に入る前に、まずは自分の語彙力をチェックして、自分がいまつまづいている箇所は語彙なのかどうか確認しましょう。 ③毎日英語に触れられる環境はつくっているか そもそも弱点対策をするにあたっても時間が必要です。本当に残りの期間で、与えられている時間の中で一点集中いていいかどうかうぃ決めなくてはいけません。 いかがでしたでしょうか。TOEIC800点は基礎的な問題を制限時間内にすべて解ききることができるかどうかです。 東京港区六本木で運営している私のTOEICスクールでは、本気でTOEIC800点や900点を獲得したい方に向けて講座を行っております。 単に、授業で問題を解説するというわけではなく、忙しいスケジュールの中で2ヶ月間どのように自分の目標を達成していくのか、目標達成型のTOEICプログラムとなっています。 目指しているのは、TOEIC800点という点数ではないと思います。その点数の先に何を目標としているのか、それを明確にしている人たちが集まります。資格は一瞬、やりたいことは一生やる。 本気で人生に挑む人たちともに、一緒に目標を達成しましょう。

【TOEIC800対策・東京港区六本木スクール】〜TOEICコーチングとは〜

  • by
Hi, 東京港区六本木を拠点にTOEICスクールにて講師をやっている、TOEICコーチングのUNOです。 今回もTOEIC800点に向けて勉強されている方を対象に、攻略法や、テクニック、資格に対するモチベーションについて書いていきたいと思います。 最近になってよくTOEICのコーチング式学校がよく出てきていますが、コーチングといってもどのような特徴を持っているのがTOEICコーチングなのかよくわかりませんね。今後、TOEIC800点に向けて、一人でも多くの方が自分に合ったやり方を見つけられるよう、本日はTOEICコーチングの特徴について書いていきたいと思います。 ①短期間でとる 制限時間を設けることで、やはり人は必死になります。しっかりと目標を設定し、決められた期限までにできるよう、逆算して考え、着実に点数に近づくことができます。私の学校でも大切にしていることが、自身で制限時間を設けて取り組まないと、人は基本的にいつまでも時間があると思ってしまい、結局長期間だらだら勉強して、うまく成果が見えず、不安になって途中でやめてしまうようでは非常にもったいないですね。 ②弱点分析コンサルティング 様々な課題をこなしてもらっている中で、その人の苦手なところやつまずくところを細かく観察します。その苦手分野に対してどう対策していくのか、また残りの限られた時間でどのような学習をするべきなのか、一人ひとりにあった形でコンサルティングすることがコーチの役割でもあります ③モチベーション管理 どれだけ戦略や方法を知っていたとしても、それが継続できなければ意味がないですね。コーチは基本的にそのモチベーションを常に保つよう生徒を観察しています。COMMENCEMENTの代表である宇野も、前職が人事コンサルティングの会社だったということもあり、人のモチベーションこそが結果へもっとも響く要素と考え、授業を実施しています。 東京港区六本木で運営している私のTOEICスクールでは、本気でTOEIC800点や900点を獲得したい方に向けて講座を行っております。 単に、授業で問題を解説するというわけではなく、忙しいスケジュールの中で2ヶ月間どのように自分の目標を達成していくのか、目標達成型のTOEICプログラムとなっています。 目指しているのは、TOEIC800点という点数ではないと思います。その点数の先に何を目標としているのか、それを明確にしている人たちが集まります。資格は一瞬、やりたいことは一生やる。 本気で人生に挑む人たちともに、一緒に目標を達成しましょう。

【TOEIC800対策・東京港区六本木スクール】〜TOEIC単語対策:金のフレーズの使い方〜

  • by
Hi, 東京港区六本木を拠点にTOEICスクールにて講師をやっている、TOEICコーチングのUNOです。 今回もTOEIC800点に向けて勉強されている方を対象に、攻略法や、テクニック、資格に対するモチベーションについて書いていきたいと思います。 TOEIC800点を獲得する上で、語彙力を増強することは必須です。私自身あまり単語帳を短期間で仕上げるということはあまりおすすめしていませんが、人気のある金のフレーズは使いやすくおすすめできます。 いざ単語帳を買ったとしても、中々簡単には覚えられませんね。そこで、今回はこのTOEIC800点を獲得するにあたってもとても人気のある金のフレーズの使い方について書いていきたいと思います。 ①まずは1周する どんな問題集もそうですが、できるだけ早い段階でまずは一周することです。最初にどれだけ完璧に覚えようとしても、覚えられるはずはないです。完璧主義になりすぎず、一度、単語帳としてではなく、本の代わりとして読んでみましょう。 ②2周目でわからない単語に赤ペン 2周目においては、一度みて覚えられなかったものを中心に赤ペンで印をつけていきましょう。短期間で勝負したい場合、全部いちからやっていると時間がかかってしまいます。出来る問題をもうやらなくていいので、できない問題に集中していくことが大事です。 ③3周目赤ペンでマークしたところだけみる 3周目は、2周目でペンしたところを中心にみていきましょう。自分のわからないところだけを見直し、そのわからないところをノートやフラッシュカードなどにまとめておくと、通勤中などの移動時間にも使えますね。 ④4周目で音を聞く 4周目に突入するとさすがに同じ単語帳を何度も読むのにあきてくると思います。なので、ここからあきないように大きな変化をくわえていきましょう。今まで目で見ていた単語帳を、音に切り替えます。音を聞きながら単語帳を読んでもいいですし、読みながらでなくても大丈夫です。 ⑤5周目で類義語や対義語をみる ここからが金のフレーズの強みが発揮されるところですが、単語の横にサブ情報が書いてあり、これがTOEICで非常に頻出なものばかりなんです。なので、こちら追加情報を中心にみていくと、あきずに継続して単語帳を進めることができますよ。 東京港区六本木で運営している私のTOEICスクールでは、本気でTOEIC800点や900点を獲得したい方に向けて講座を行っております。 単に、授業で問題を解説するというわけではなく、忙しいスケジュールの中で2ヶ月間どのように自分の目標を達成していくのか、目標達成型のTOEICプログラムとなっています。 目指しているのは、TOEIC800点という点数ではないと思います。その点数の先に何を目標としているのか、それを明確にしている人たちが集まります。資格は一瞬、やりたいことは一生やる。 本気で人生に挑む人たちともに、一緒に目標を達成しましょう。