リーディング

TOEIC800点超対策〜TOEIC800点スコアの使い道!?〜

  • by
TOEIC800点のスコアを目指している方には様々なバックグラウンドがある方が多いと思います。 大学入試にTOEIC800点スコアがあれば試験免除、誰もが知っている大企業に就職するために最低TOEIC800点が必要、海外出張の推薦状を書いてもらう際にTOEIC800点スコアがないといけない、などとても多くの理由づけでTOEIC800点が必要だから、勉強しているという方がが大多数なのではないでしょうか? かくいう筆者も留学時にTOEIC800点スコア取得をしなくてはならない状況に追い込まれ、全力で対策をしたものです…(遠い目) しかし、こういった明確な理由づけでTOEIC800点対策をした方が理由をつけずにただなんとなく資格欄に書きたい、就職活動に有利になればいっかなー程度で勉強するより断然スコアの結果が出てきます。 たかがTOEICテスト、されどTOEICテスト。 自分がなぜ800点という決して易しくないスコアレベルに到達したいのか?そのスコアを利用して何に活かしていきたいのか? リスニング・リーディング合わせて合計約2時間という長丁場である気力も集中力も酷使するTOEIC公式テスト。 そんなTOEIC公式テストに生半可な気持ちで挑むよりも自問自答を繰り返し、800点を超えたい!とい強いパッションをもって挑みいいスコア結果を叩き出していきましょう!! TOEIC800点スコアは必ずあなたの自信に繋がっていきます。そのあとの使い道もあなた次第。 頑張っていきましょう♪

TOEIC800点超対策〜Part7を最後までやりきるマル秘情報〜

  • by
TOEIC800点を目指す為には、リスニングパート・リーディングパートそれぞれバランスよく解いていかねばなりません。 その中でもPart7が皆さんにとって辛いつらい壁なのではないでしょうか? ただでさえPart1、2、3、4、5、6とやってきて時間もあと少ししか残っていない…そんなあっぷあっぷ状態で長文読解です。 やる気なくす方、わかります。厄介なラスボスの直近のしもべにHPもMPも使い果たしたあとに突如現れるラスボス、というイメージでしょうか? 最初はよーしTOEICラストだ!!と奮戦するけども最後にはマークシートの塗り絵になる危険があるのがこのPart7。 ただ英語の長文読解と身構えるあなたに朗報です。しっかりとリーディングする時間があればPart7はそこまで難しいわけではないのです。 ではそのPart7を最後までやりきる方法を伝授致します。それは… ・リスニングパートが終わったら、即Part7を解きにいく です。つまり、Part7→Part5→Part6と解いていくわけです。 皆さんにしっておいてほしいのがリーディングセクションの時間配分。 Part5→30問 10分 Part6→16問 10分 Part7→54問→55分 合計は100問75分です。圧倒的にPart7に取りかかる時間が多いのです。もちろん点数配分も、です。 だからこそ!!Part7から解き切って余裕がある状態で文法問題へ移る! 読めるのに時間をかけ過ぎてしまう、そんなあなたにオススメの方法です。 TOEIC800点を目指すためにはちょっとしたコツも必要です。 ぜひ試してみてはいかがでしょうか?

TOEIC800点超対策〜Part5攻略その1〜

  • by
長い長いリスニングパートを終えてTOEIC800点越えのための超対策、リーディングパートに突入です。 TOEIC800点超えの為には、各パートの徹底攻略が超重要になってきます。 今回からはPart5について3回に渡ってお送り致します。 リーディングパートに入って最初のPart5は短文穴埋め問題です。 文法や単語の意味が問われる問題が多いので、リスニングパートにしっかり聞けばスコアが取れる、というわけではないのがPart5。 しかしここで朗報のが新形式になってから問題数が40問 → 30問に変更! 筆者のように文法に自信のない人々に希望を与えてくれました…! さてPart5を解く心構えとしては、”文法力”と”TOEICの単語・熟語力”です。 受験勉強のようにひたすら単語を覚えて、英文法を叩き込む、ジミーな作業なのですがPart5では最重要なのです。 文法力は基本的なSVOといった中学で習うルールは完全に理解しましょう。800点を超えるためにはマストです。 そして単語力。TOEICはビジネス英語、もといTOEICに特化した英単語と熟語をひたすら覚えていきましょう。 やり方としてはそれぞれ一冊参考書を購入して、ひたすら1冊をやりこむのがオススメです。 何冊も解いていくのも良いですが、最低3週は1冊をやりこんでから他の参考書に進むと解きやすいのはもちろん 新鮮な気持ちで解いていけるので気分転換にもなります。 古典的な方法ですが、単語の演習の数をこなしてTOEICのボキャブラリーを増やしつつ、英語の文法もForestなどの基礎的な参考書を使用しながら完璧にするよう努めていきましょう! 次回からTOEIC800点越えを目指す為のPart3の特徴を書いてきます!おたのしみに!

~朝活カフェ~英・会話で自分磨き~

  • by
こんにちはEMIKOです。How are you? みなさん今日も英語に触れてますか?(^^)あぁやらないと・・・って思ってやるより、極力楽しんで何事も取り組めたらいいですよね。カフェで朝ちょっとコーヒーを楽しみながら、英語を話してみませんか? 今、日比谷線六本木駅直結のスターバックス(メトロハット店)で朝活を開催してます。 朝の時間を有効活用して、英会話へ触れていきます。まず生徒さんへお聞きするのは、やはり『GOAL』ですね、What is your goal?とお聞きします。GOALつまり目標ですね、目標って聞くとどこか高いところを目指さないといけないのかと無意識に感じてしまいますが、そんな必要はありませんね。英語を使ってスムーズに自己紹介が出来るようにしたい!でもいいですし、次の海外旅行で英語を使ってレストランでオーダーを1人でしてみる!でもいいですね。なるべく身近な目標設定を生徒さんとしていきます。一緒に目標設定から取り組んでいきましょう♪ ストアカ

TOEIC800点超対策〜Part5攻略その1〜

  • by
長い長いリスニングパートを終えてTOEIC800点越えのための超対策、リーディングパートに突入です。 TOEIC800点超えの為には、各パートの徹底攻略が超重要になってきます。 今回からはPart5について3回に渡ってお送り致します。 リーディングパートに入って最初のPart5は短文穴埋め問題です。 文法や単語の意味が問われる問題が多いので、リスニングパートにしっかり聞けばスコアが取れる、というわけではないのがPart5。 しかしここで朗報のが新形式になってから問題数が40問 → 30問に変更! 筆者のように文法に自信のない人々に希望を与えてくれました…! さてPart5を解く心構えとしては、”文法力”と”TOEICの単語・熟語力”です。 受験勉強のようにひたすら単語を覚えて、英文法を叩き込む、ジミーな作業なのですがPart5では最重要なのです。 文法力は基本的なSVOといった中学で習うルールは完全に理解しましょう。800点を超えるためにはマストです。 そして単語力。TOEICはビジネス英語、もといTOEICに特化した英単語と熟語をひたすら覚えていきましょう。 やり方としてはそれぞれ一冊参考書を購入して、ひたすら1冊をやりこむのがオススメです。 何冊も解いていくのも良いですが、最低3週は1冊をやりこんでから他の参考書に進むと解きやすいのはもちろん 新鮮な気持ちで解いていけるので気分転換にもなります。 古典的な方法ですが、単語の演習の数をこなしてTOEICのボキャブラリーを増やしつつ、英語の文法もForestなどの基礎的な参考書を使用しながら完璧にするよう努めていきましょう! 次回からTOEIC800点越えを目指す為のPart3の特徴を書いてきます!おたのしみに! ストアカ (function() { var s = document.createElement(“script”);… Read More »TOEIC800点超対策〜Part5攻略その1〜

TOEIC800点超対策〜Part1攻略その3〜

TOEIC800点を突破するには、各パートの攻略と対策が必要不可欠! とういうことでシリーズ化しております。 前回はTOEIC800点超対策〜Part攻略その2〜ということで簡単なPart2の詳細を書かせていただきました。 今回は最終回ということで、Part1のテクニックについてです! Part1は選択肢4つから写真の状況を適切に説明している文を選んでいく問題になります。 ここでの対策テクニックは主に2つあります ・消去法 解答文は4つあるのですが、基本的に4つ中の2つは全然全く違う英語音声が流れてきます。 写真をみていや〜これは絶対チガウ!とういうものはどんどん消去して2つに絞っていきましょう。 ・最後までしっかりと英語音声を聞く ここで注意したいのが、TOEICテストのリスニングパートというのはひっかけ問題が盛り込まれます。 明らかに写真と適切ではない英語の音声が流れてくる一方、途中まで聞いていてジャッジに困るひっかけ問題が出てきます。 惑わされない為には、不適切問題を2つ聞き取ったあと適切であるかどうか聞き取ることが大切です。 この2つのテクニックを駆使していけば6問アットいう間に解き、Part2へ進んでいけます! 皆さんTOEIC800点を越える為にも、このPart1対策をしっかりとやっていきましょうね。 ストアカ

TOEIC800点超対策〜Part1攻略その2〜

  • by
TOEIC800点超えの為には、各パートの徹底攻略が超重要! そこでセクションの中でも易しいPart1をさくさくと解いてどんどんPart2、3、4…と進めて行きたいところですね。 前回はTOEIC800点超対策〜Part1攻略その1〜とのことで簡単なPart1の説明と心構えの記事を書かせていただきました。 今回はPart1の攻略方法詳細を書いていきます。 まずおさらいですね。Part1には1問につき写真が1つ用意され、A,B,C,Dの4つの英語音声を聞いて最も適切な写真を選びます。 ここでPart1の特徴なのですが ・スピーカーは1人 ・写真の描写・説明 ・選択肢の文章はどれも簡潔で短め ・基本的に主語+ingで解答 と、なっており新形式になってから一番易しくなりました。 これらの各特徴を確実に抑えれば満点も確実かと思われます。 それでは次回でPart1の満点をとっていくテクニックを書いていきます。おたのしみに! ストアカ

TOEIC800点超対策〜新形式について〜

  • by
TOEIC800点を目指している方は、あらゆる対策・攻略法を試してきたかと思います。 TOEICを解くコツは何年も積み重ねてきたデータとテクニックで800点どころか900点も取れちゃうよ!というのが通説でしたし、そういった書籍もたくさん出版されています。 しかし、2016年5月29からTOEIC対策をしてきた方(筆者含め)青天の霹靂の出来事が起きました…。 そう新形式の爆誕です。 この日を境にTOEICの公開テストはSNSなどで使われるテキストメッセージやチャットといった形式や、 3人の会話を聞いて解答する問題が追加されました。 さらに、問題用紙に印刷された図表と会話の音声など、複数の情報源から関連づけて解答する問題が追加されました。 各パートの問題数と構成も大幅にCHANGE。 ーリスニングセクションー Part1 写真描写  10問 → 6問 Part2 応答問題  30問  → 25問 Part3 会話問題 30問(3×10)  → 39問(3×13) *図表ありorなし Part4 説明文問題 30問(3×10) → 30問(3×10) *図表ありorなし ーリーディングセクションー Part5 短文穴埋め問題 40問 → 30問 Part6 長文穴埋め問題 12問 → 16問(4×4)… Read More »TOEIC800点超対策〜新形式について〜

TOEIC800点超対策〜英字新聞でリーディング攻略〜

皆さん英字新聞を読んだ経験はおありでしょうか? 実はコンビニでも手軽に購入できるTOEIC対策教材なんです。 有名どころでいいますと、The New York Times(アメリカ)、The Economist(イギリス)、The Japan Times(日本)、Asahi weekly(日本)ですね。 TOEIC800点越えのリーディング対策に英字新聞はとっても役立ちます。 英字新聞を読むことのメリットをあげていきたいと思います。 ・時事ネタなので読みやすい 国内外のニュースを中心に取り上げられているので、TOEIC参考書とは違い楽しくリーディング力をつけられます。 ・予備知識がある状態で読める 前述したThe Japan Times(日本)、Asahi weekly(日本)は日本のニュースを英語で取り上げているので、少々難しい英語表現があっても日本で起こっているという予備知識がる状態で読むことができます。海外のニュースより断然理解できますね。 ・オンラインでも読める スマホやPCでも気軽にサイトにアクセスして新聞を読むことも可能です。The New York Times(アメリカ)、The Economist(イギリス)等は無料で読めちゃいます。… Read More »TOEIC800点超対策〜英字新聞でリーディング攻略〜

TOEIC800点超対策〜時間配分力でリーディング攻略〜

皆さんTOEICの800点対策の勉強頑張っていらっしゃいますでしょうか? 今回はTOEICテストには基本のキである時間配分について書いていきたいと思います。 リーディングパートで高得点を叩き出すためには、時間をいかに有効に使えるかが重要になってきます。 筆者も最後のパート6•7で時間がなくなり、半分やけ気味でマークシートを塗りつぶしまして…時間配分をしっかりしておけば良かったな、と後悔したものです。 また新形式になったことで、このパート6•7の問題数が増えて、解くのに時間がかかるようになってしまいました。 難しくなったからこそ時間配分力を身につけていくべし!というわけです。 それではリーディングパート5•6•7の時間配分についてご紹介いたします。 ・パート5  一問8~10分前後で正確に解くべし パート5は合計30問、だいたい一問15~20秒前後、目安は8~10分前後で解いていきましょう。 そんなに速く!?と思われた方、TOEICのリーディングパートは速さが命です。 あせって最後のパート7であっぷあっぷしない為にも、パート5はさくさく解いていきましょう! ・パート6   一問30秒前後で読み込んで解くべし パート6は合計16問、だいたい一問30秒前後で解いていきましょう。 パート6はしっかり読めば難しくないので、飛ばし読みせず素早く解いていきましょう! ・パート7  全神経を集中して1分前後で解くべし パート7はシングルパッセージ29問、ダブルパッセージ10問、トリプルパッセージ15問の合計54問。 特徴として一気に問題数が増えます。さらに、新形式からは登場人物が3人増えてSNSによるやりとりも追加されました。従来の広告や文書•社内メールに加えてカジュアルな表現も増えてきますので、ビジネス英語だけで勝負できなくなりました。 飛ばし読みはもちろん不可、残された時間でラスボスに立ち向かわねばなりません。 このように各パートの時間配分を常に意識してリーディングパートに挑みましょう! ストアカ