TOEIC

六本木【コーチングTOEIC対策】リーディングの種類。

  • by
Hi, コーチング英語UNOです。   今回は、TOEIC600点そして800点向けの方を対象に、 リーディングのトレーニング方法を書いていきたいと思います!   リーディングのトレーニング方法は、大きく分けて2つ、 一つは多読もう一つは精読です 多読はとりあえずどのくらい意味を把握できたかという点にはこだわらず、 とにかくたくさんの量の英語を読むことに取り組んでいきます。目が英語の文に慣れていきますね!! もう一つは、精読です。 これは自分のレベルで少し手応えのある文章を、 しっかりと文構造をして、意味を理解しながら読むトレーニングになります。 両方のトレーニングの性質は異なるので、 しっかりと双方のトレーニングを積んでこそ英語力が伸びていきます!!!  

六本木【コーチングTOEIC対策】リーディング編:ここを意識しろ!

  • by
こんにちは!コーチング英語のUNOです。 TOEIC800点に到達するには・・・ 今日も少しの意識で、高得点獲得へトレーニングしていきましょう!! これはリスニングを聞く際に、役に立つポイントです! (もちろんリーディングにも活かせる内容ですが) 以下の項目を意識してみてください☆彡 Where: どこでという場所 When: いつという時間 What time: いつという細かい時間情報 Who: 誰がしたか Which: どちらの方法、選択肢 How: どうやってという方法 Why: どうしてという理由 ただ文を聞いて、読んでいくだけではなくて、ポイントを置いて聞く事によって情報吸収率の効率は上がってきます!コーチングTOEIC講座でも、意識してトレーニングを進めていきますよ! ストアカ

六本木【コーチングTOEIC対策】リーディング800点の壁とは。

  • by
こんにちは!コーチング英語のUNOです。 TOEIC800点に到達するには・・・ まずリスニングで80%獲得するという事です! そのために・・ リスニングでのポイントは、問題文の音声を聞き逃して、 ペースを崩すということです。 思い切って次に進みましょう!! これは、正直、この音声が流れる間に次の問題文を先に読み進めておく 事が非常に重要なポイントです!! 一番避けたいのは、 ◆解けない問題を考え続けてしまう ↓ ◆次の問題文の音声を聞き逃してします ↓ ◆回答できなくなってします という、ズバリ最悪パターンになってしまうことです。 はまることです。(゚∀゚) 気持ちの切り替えと見極め判断が非常に鍵となってきます。 ストアカ  

六本木【コーチングTOEIC対策】リーディング800点の壁とは。

  • by
こんにちは!コーチング英語のUNOです。 TOEIC800点に到達するには・・・ TOEIC800点の壁とはいったいどれくらいなのか・・・ だいたいどれくらいの人がスコアをクリアしているのかというと・・・ じつは10人に1人が800点を取っています。 これはなかなか高い壁ではないでしょうか。 英語力のある方も、しっかりとTOEICの対策をして試験を受けたほうが 良い点数ラインです。 リスニングが得意な方はリーディングは約80%、不得意なかたは85パーセントくらいの正解率をとっていかないといけません。 点数配分をどこに焦点をおいていくのか、しっかりと対策をしていきましょう! 是非リーディング力を上げたい方は、ご参加ください!!!   ストアカ  

【コーチング・TOEIC対策】リーディング編 @六本木

  • by
こんにちは!コーチング英語のUNOです。 TOEIC800点に到達するには・・・ 800という数字が欲しいアナタ!! 参考書はどのように使っていますか☺? ポイントは、解けなかった問題は必ずもう一度読んで、どうして分からなかったのか理解していく事です。 英文法の理解が浅い場合は、お持ちの参考書やネットで確実に理解できるまで取り組んでいきましょう!同じような例文をいくつか見ていくのも、再度同じような問題を解く際に効果的です! また、同じ文を繰り返し音読していきます!!リスニング音源を聞いて聞いて聞きまくります!耳と口を主に、英語を感じていきますよ! 私のコーチング英語ではこの方法でリーディングにいち早く慣れていきます。毎日読むことに焦点をあてリーディングに慣れていきます。 気付くと問題を見ただけで、訳す作業は秒速で反応する事ができます。 是非リーディング力を上げたい方は、ご参加ください!!!   ストアカ

TOEIC長文攻略法

  • by
Hi, 東京港区六本木を拠点にTOEICスクールにて講師をやっている、TOEICコーチングのUNOです。 今回もTOEIC800点に向けて勉強されている方を対象に、攻略法や、テクニック、資格に対するモチベーションについて書いていきたいと思います。 パラグラフリーディング TOEIC800点を獲得するために、Readingのポイントを攻略することは必須ですね。しかし、多くの受験生が、この読解に苦手意識をもっています。例えば、readingを教えていると、よくこのような問題を抱えている生徒さんによく出会います。 “わからない単語がでてきて時間をかけてしまう”“残り15分になると焦って文章が頭に入ってこない”“読解問題の量が多すぎて、最後まで毎回解ききれない” こういった問題を持っている方におすすめするのが、パラグラフリーディングです! パラグラフリーディングとは、簡単にいうと英語の文章の癖を掴んで速読する技術のことです。日本にも起承転結という、日本語の文章独特の書き方がありますね。英語にもPREPという、英語の文章独特の癖があるんです! P(Point)結論 R(Reason)理由 E(Example)例 P(Point)結論 このような癖を理解してしまえば、大体どこに何が書かれているのかをすぐに把握し、TOEICやIELTSなど資格系の英文から、雑誌、新聞などあらゆる英語の文章をスムーズに読めるようになるんですね!TOEIC800点という高得点を目指したいと言うようであれば、このスキルは必須です。特に、TOEICでは毎回同じような文章が何度も出てきます。例えば、ポジションの募集・応募、広告、企業団体の活動、などなど それぞれの癖を理解することで、読解スピードが上がるだけでなく、設問の問題がどこに書かれているのかもすぐに把握でき、解答スピードもあがります。 設問にかかれているキーワードを探して、回答するというやり方が流行っていますが、新形式になってから意味を問う問題が増えており、この技術だけではTOEIC800点や900点を超えることは難しいです。 ぜひ、みなさんもパラグラフリーディングを使って、 目標の点数に向けて正しく勉強していきましょう! 時間配分とコツ TOEIC800点を獲得するにあたって大事なことは時間配分です。制限時間内に解ける問題のすべてを解ききることが最も重要になってきます。そこで今回は、多くの人が時間をかけてしまい制限時間以内に間に合わない原因となっているpart7のコツについて書いていきたいと思います。 discountの条件 TOEICではよくクーポンや、discountなど、割引に関する情報がよく出てきます。なぜ多く出てくるのかというと、細部まで受験者が読めているかどうかを確かめるためです。気をつけるべきポイントは、読んでいるときに、discountの条件はまず何かを把握しておくと、問題でほぼ確実に問われるので点数に繋がります。 *やnoteなどの本文とは関係のない備考欄 TOEICでは、本文とは関係ないところで答えの根拠が書かれていることが非常に多いです。*やNOTE等の備考欄のような部分が本文にある場合、答えが隠れていることが非常に多いので、ここだけは精読して何を意図しているのか把握しておきましょう。 いかがでしたでしょうか。PART7は普通に解いている時間が間に合いません。だからこそ、読む前から大体どこに答えの根拠が書かれているのかを把握しておくと便利ですね。 チャット問題… Read More »TOEIC長文攻略法

TOEIC800点超対策〜TOEIC本番準備②〜

  • by
TOEIC800点を目指す為に皆さん対策勉強頑張っていらっしゃいますでしょうか? 今回の記事はTOEIC800点超対策〜TOEIC本番準備②〜ということで、前回に引き続きTOEIC公開テストがいよいよ本番!TOEIC公式テストに持っていくとよいものをご紹介致します。 ・腕時計 TOEIC公式テストは時間配分を制するのはTOEICテストを制する、といわれております。(多分) 必需品です。時間がわからない!とパニックにならずに自分の心の平穏を保つためにも必ず持っっていきましょう。 ・2B以上の濃い鉛筆 TOEIC公式テストはマークシート方式です。答えをいかに早く、綺麗に塗りつぶせるか?そんなあなたに鉛筆です。 特に濃い2B以上のある程度書いて芯が丸くなりはじめているものを使うとマークシートをちょん、とするだけで塗りつぶせます。 ・あんぱん 色々著説ありますが、あんこと糖質が高めの菓子パンは脳へのご褒美になるそうです。 かぶりついて長丁場に取り組んでみてはいかがでしょうか? TOEIC800点スコアを出すためにもぜひみなさん万全の状態でテストに当日挑んでくださいね。

TOEIC800点超対策〜TOEIC本番準備①〜

  • by
TOEIC800点を目指す為に皆さん対策勉強頑張っていらっしゃいますでしょうか? そのTOEIC公開テストがいよいよ本番!当日!となった際の本番準備集を書いていきたいと思います。 ・TOEICテストの公式会場に着く前の電車の中でリスニング聞いて追い込む TOEIC公式会場へ遠路はるばるやってくる方も多いでしょう。 その間の移動時間を無駄にしてはなりません。全力でIPODに落とした公式問題集のリスニングセクションを聴きこみましょう。 ・寝る前日には公式問題集のPart7を音読する え!単語やボキャブラリーをスキミングした方がいいんじゃないの?と思われた方、それでも全然OKですが、TOEICテストの圧倒的な文章量で受験者を苦しめPart7をしっかり音読し、そこから出てくる単語や語彙を覚えた方が効率的です。 むしろ夢の中でも音読しちゃいましょう。 これ以外にもTOEIC800点越えに必要なことをシリーズ化していきます。 ただなによりも大切なことは、体調が万全の状態で挑むことです。 試験前日は一夜漬けなどは避けて、しっかりと脳と身体を休めてくださいね。

TOEIC800点超対策〜PART7攻略その3〜

  • by
TOEIC800点を目指すためには各パートの効率的な攻略が必要、というわけでPart1からPart7までの対策の記事を書かせていただきました。 特にPart7は時間の限られた中での長文読解です。 どんなに長文読解に慣れている方でもあせりで見落としてしまう部分が出てくる要注意Partなわけです。 TOEIC対策をしている方の最大の壁であり、ラスボスでもあるこのPart7を効率よく解いてスコアを取るテクニックを書いていきたいと思います! テクニックの前にPart7での要注意ポイントがあります。それは”戻り読みをしてはいけない”ということです。 Part7に限らずなのですが、英語の長文を読むときは読んだまま理解して解くのが超重要になります。 また、Part2、3、5、6でも行なった”設問の先読み”をしていくことで、どのような設問であり、問題内容なのか、と把握しておくことで解くスピードをあげることが可能です。 また設問内容だけでなく、解答内容にも目を通しておけばベターです! Part7にはダブルパッセージとトリプルパッセージと呼ばれる、2つ3つの長文を読み合いっこしながら答えを進めいていくのですが、これが1つの長文から答えを導き出せず非常に大変な箇所です。 そのためには、”早く、かつ正確に、最後まで読む”のがPart7を解く上での最大のテクニックになります。 基本的にTOEIC800点を目指す方は全ての長文を読み切るのがベストなので、以前記事で書かせていただいた速読の技術も磨いておくてとよりいいかもしれませんね。 TOEIC800点スコアを突破するためには時間配分の把握も超重要ですので、時間を計りながら解くのも並行して行なって対策していってくださいね!

TOEIC800点超対策〜PART7攻略その2〜

  • by
前回はTOEIC800点超対策〜Part7攻略その1〜とのことで、簡単なPart7の説明と心構えの記事を書かせていただきました。 今回はPart7の特徴と攻略方法詳細を書いていきます。 前回のおさらいになりますが、Part7は長文読解問題になります。 Part7の問題数は54問で、  ・1つの文書《Single passages》 28問 →  1つの文書《Single passages》 29問   ・2つの文書《Double passages》20問 → 複数の文書《Multiple passages》25問 となっております。 設問タイプはシングルパッセージ・ダブルパッセージ・トリプルパッセージの3パターンに分けられており、 このパターンを把握して英語の長文読み進めていくのが超重要になります。 またTOEICのPart7の問題内容と、設問の流れは一緒であり、しっかり読んで行けば答えを導きだすことができます。 時計を見て時間を把握するのはもちろんですが決してあわてず、文を追って解答していきましょう! 次回はTOEIC800点Part7超対策攻略最終回です!