TOEIC800対策

【TOEIC800対策・東京港区六本木スクール】〜TOEIC試験直前にやっていはいけないこと〜

  • by
Hi, 東京港区六本木を拠点にTOEICスクールにて講師をやっている、TOEICコーチングのUNOです。 今回もTOEIC800点に向けて勉強されている方を対象に、攻略法や、テクニック、資格に対するモチベーションについて書いていきたいと思います。 よく生徒様から質問があるのが、テスト直前になにをするべきかということです。直前は不安と緊張で他のものが手に付かない人もいます。 直前だからこそなにかしなければいけないのではないかと焦り、様々なものに手を出そうとしがちですが、それをやってしまうとまたできない問題と出会い、また不安にかられてしまいます。だからこそ、今までやってきたことをやり続けることが最も大事です。 TOEIC800点は確かに非常に高い点数です。本当に自分が今までやってきた努力で点数がとれるのか、不安にかられて足を止めてしまうのは非常にもったいないですね。 直前だからといって、焦る必要はありません。TOEIC800点を獲得するために、今までやってきた自分を信じて前に進み続けましょう。 東京港区六本木で運営している私のTOEICスクールでは、本気でTOEIC800点や900点を獲得したい方に向けて講座を行っております。 単に、授業で問題を解説するというわけではなく、忙しいスケジュールの中で2ヶ月間どのように自分の目標を達成していくのか、目標達成型のTOEICプログラムとなっています。 目指しているのは、TOEIC800点という点数ではないと思います。その点数の先に何を目標としているのか、それを明確にしている人たちが集まります。資格は一瞬、やりたいことは一生やる。 本気で人生に挑む人たちともに、一緒に目標を達成しましょう。

【TOEIC800対策・東京港区六本木スクール】〜TOEIC学習で挫折しないための考え方〜

  • by
Hi, 東京港区六本木を拠点にTOEICスクールにて講師をやっている、TOEICコーチングのUNOです。 今回もTOEIC800点に向けて勉強されている方を対象に、攻略法や、テクニック、資格に対するモチベーションについて書いていきたいと思います。 今まで1000人以上の方々を享受してきましたが、語学学習というのは、他の科目と比べても挫折する人が非常に多いです。 なぜかというと、語学というのは自分では中々成長が見られず、どれだけ勉強しても伸びないと自分で勝手に解釈してしまい、そこから挫折してしまう人が多い傾向にあります。 英会話だけでなく、これはTOEIC学習でも同じです。数ヶ月間しぼって勉強していたとしても、中間あたりになってくると、本当にこの勉強法でいいのか、他の参考書をやったほうがいいのではないか、とどんどん自分のやってることに不安になってきて、様々なものに手を出すようになってきます。 このような症状は、誰しもあるものです。このようなときは、自分の考え方を変えることが大事だと思います。 ①語学の伸びはいきなりくる これは脳科学でも実証されていますが、語学の伸びというのはいきなりくるようなものです。テストまで残り数日でも中々自分では伸びていない感覚だったとしても、今までやってきたことをやり続けてください。語学はいつ伸びるかわかりません。急にくる伸びを最大化するためにも、今できることを全力でやっておきましょう。 ②あれこれ手をだしている時間がもったいない 様々な参考書や問題集を買ったとしても、書かれている内容は本質は同じです。単語が少し違うだけです。などで、様々な参考書を買うということは、同じものをまた一から何度もやっているということになります。その同じものをやる時間が非常にもったいないです。同じ問題をやるともちろん解けます。解けた瞬間嬉しくて安心してしまい、また新しい参考書へと手をだしてしまう人も多いです。大事なことが、いま持っているものだけでどれだけ勝負することが出来るかです。そこにすべてが書かれています。 東京港区六本木で運営している私のTOEICスクールでは、本気でTOEIC800点や900点を獲得したい方に向けて講座を行っております。 単に、授業で問題を解説するというわけではなく、忙しいスケジュールの中で2ヶ月間どのように自分の目標を達成していくのか、目標達成型のTOEICプログラムとなっています。 目指しているのは、TOEIC800点という点数ではないと思います。その点数の先に何を目標としているのか、それを明確にしている人たちが集まります。資格は一瞬、やりたいことは一生やる。 本気で人生に挑む人たちともに、一緒に目標を達成しましょう。

様々な英語勉強法

  • by
Hi, 東京港区六本木を拠点にTOEICスクールにて講師をやっている、TOEICコーチングのUNOです。 今回もTOEIC800点に向けて勉強されている方を対象に、攻略法や、テクニック、資格に対するモチベーションについて書いていきたいと思います。 ネットには多くの勉強法で溢れていますね。自分に合った勉強法を見つけるためにも、できるだけ具体的に本日は様々な勉強法を書いていきたいと思います。 映画勉強法 TOEIC800点を獲得するにあたって、TOEICの勉強をすることはもちろん大事です。しかし、単にTOEICのコツや戦略だけを勉強したとしても、根本的な英語力も同時にあげていかないとTOEIC800点やTOEIC900点までいくことは少し難しいです。もちろん、多くの人が目指されているのは、TOEICの点数をとること自体が目的ではないですよね。その先にある英語を話す自分をみなさんが想像していることだと思います。 それではどうやって日本で英語を勉強をべんきょうするのか。今回はTOEIC800点や高得点を獲得するにあたって必要な最低限の英語力を身につけるためのオススメの勉強法について書いていきたいと思います。とよく生徒さんからご相談にのるのですが、 ズバリ答えるのが映画英語です!!よく英語で映画を勉強するというのは言われますが、具体的にどんな勉強をしたらいいのかわかりませんよね”いろんな英語があってどれを選んだらいいのかわからない””何回みればいいのかわからない””どう勉強したらいいのかわからない”というお声もよく聞いております。 そこで、私の映画で英語を勉強する方法を、本日はかいていきたいと思います! 大好きな映画を選択 ”好きな映画”ではなく、”大好きな映画”です!!!何度見ても自分が1回目見た時に感じるあのフレッシュさを感じる映画を選んでください。そして、その一つに絞ってください。たくさんの映画を使って英語を勉強しようとする方がいますが、そんなにたくさん使っても、得るものが浅くなってしまいます。他の映画は単に楽しんで、英語学習用の映画を一つに絞ってください!”私はこの映画で英語を勉強したんです!”と自信をもっていえるように、英語の教材にしてしまいましょう。 順番 映画をつかった様々な英語学習法がありますが、一番大事なのはあなたが毎日継続できる方法を選んでください!語学はやはり、どれだけの量に毎日あきずに触れるかが最も重要なことです。私のやり方は、あきずにやれるようなことを実践しています。  1,日本語字幕 まず、自分の好きな英語を選択したら、日本語字幕をつけて楽しく鑑賞してください。自分の聞き取れる簡単な英語だけを少し意識していただけるだけで構いません。  2,字幕なし 先程の日本語字幕で見た内容を思い出しながら、この場面でこんなことをいっているんだと気づくくらいで大丈夫です。大事なことは、英語でここはなんて言っているのだろうと、疑問に持つことがもっとも重要です。  3,英語字幕 先程の疑問をもとに英語字幕で見ていきます。そして、”あ、英語だとこういう言い方をしていたんだ!”という感覚で勉強の好奇心を刺激します。もちろん一回で、すべてのフレーズや単語を暗記する必要はございません。よく映画を見ながら、見ながらとめては単語を調べてという方がいらっしゃいますが、そんなことをしていると楽しくないですよね。わからない単語はとばしても大丈夫です。 何度もこの順番でみていくうちに、こういう言い方をしているんだなと徐々にわかってきます。TOEIC800点を獲得するには、毎日継続して英語を勉強し続けなければいけません。重要なことは、楽しみながら毎日、何度も繰り返しやり続けることです!まずは、みなさんの”大好きな映画”を選んでください!! 公式問題集復習術 本日も引き続き、TOEIC公式問題集の活用法について、書いていきたいと思います。 TOEICの公式問題集を解き終わると、どうしてもその後の使い方がよくわからず結局単に模試としてしか使えなくなる、という言葉をよくお聞きするので、今回もそんな問題を解決するヒントを提供できればと思います。 本日は、Listening sectionのPart1,2… Read More »様々な英語勉強法

800点獲得者インタビュー

  • by
Hi, 東京港区六本木を拠点にTOEICスクールにて講師をやっている、TOEICコーチングのUNOです。 今回もTOEIC800点に向けて勉強されている方を対象に、攻略法や、テクニック、資格に対するモチベーションについて書いていきたいと思います。   TOEIC800点を獲得するにあたって、一番壁になるのが勉強する時間を確保すること、数ヶ月で獲得するための生産的な学習方法です。 今回は、多くのお客様の中でたった2ヶ月間でどのようにして点数を獲得してきたのか、今後TOEIC800点を目指す方々の道しるべになる記事を書いていきたいと思います。 先日一人の私の学生さんが、TOEIC800点を獲得したことを報告しにきてくれました。 そのときに役立ったことを、聞くと音読とDICTATIONで、600点前半のスコアから800点前半のスコアを獲得されて、本番のときは時間も余ってしまうほどだったそうです。 私の800点講座で課題としてだしていたすべてものをしっかりとやり遂げ、また、音読の数もほかの方々よりも圧倒的にやっていらっしゃいました。 お子さんもいらっしゃって、海外出張もあり、非常に大変な中毎日音読だけは休まずに続けられていました。 そして、DICTATIONの宿題で出した4つの音源の中で、偉人のスピーチをとても気に入ってくださり、それを本番のテスト前からずっと毎日聞いていたそうです。 どうせなら楽しみながら宿題はすべきですね。 無事に800点を獲得されて、この800点講座を受講し終わったとの学生様は本当に自信に満ち溢れ、誇らしく思います。   また二人目に、とにかく音読だけをとにかくこなしていたという生徒さんです。 特に、この800点講座を受けているときになにを意識していたのかを聞くと、音読だけを誰よりも多くやっていたということです。 この方は、お子さんもいらっしゃって、そもそも家に帰っても一人になる時間がとれず勉強をする環境があまり整っていませんでした。どこで音読をやればいいのか迷われていたところ、お風呂はどうかとご提案させてもらったところ、次の日からその限られた時間に音読をたくさんされていました。 また、圧倒的に他の方々と比べて文法の質問が多かったことも、彼女が800点を獲得したことの原因でしょう。私の800点講座では、講師とオンラインでつなぎ、わからないときはいつでも質問していただいています。 授業後には誰よりも質問し、その場で解決すること、合いた時間は常に音読、という、これを数ヶ月間毎日やり続けることでTOEIC800点を獲得されました。 勝つべくして勝つ、負けるべくし負ける 数ヶ月間しかありません。できることが限られています。 勝つべくして勝つために、この数ヶ月間できることを全力でやっていきましょう。   東京港区六本木で運営している私のTOEICスクールでは、本気でTOEIC800点や900点を獲得したい方に向けて講座を行っております。 単に、授業で問題を解説するというわけではなく、忙しいスケジュールの中で2ヶ月間どのように自分の目標を達成していくのか、目標達成型のTOEICプログラムとなっています。… Read More »800点獲得者インタビュー

【TOEIC800対策・東京港区六本木スクール】〜得意な部分を伸ばす〜

  • by
Hi, 東京港区六本木を拠点にTOEICスクールにて講師をやっている、TOEICコーチングのUNOです。 今回もTOEIC800点に向けて勉強されている方を対象に、攻略法や、テクニック、資格に対するモチベーションについて書いていきたいと思います。 TOEIC800点を超えるためには、基礎的な問題を制限時間内にすべて解ききることが大事でしたね。一方で、PART1~7まで、自分の苦手分野をすべて克服するために勉強をしていたら、時間がいくらあっても足りません。 どのパートも最低限のことは徹底的に学んで、実践できるようになっておき、そこから自分の得意分野伸ばしていくこともTOEIC800点を獲得する上で重要です。 例えば、過去に留学していたことがあって、あまり机上の勉強はしたことがなく話すことができる場合は、リスニングのTOEICのリスニングセクションで満点を超えるための勉強が必要でしょう。本人もある程度できるからこそ、やっていて楽しく、進みやすいです。 逆に、リスニングが苦手な方は、読解や文法に重点をおいて勉強していくことも重要でしょう。徹底的に語彙を暗記、速読の練習を行い、確実に制限時間内にとききることが重要です。 単に目の前のパートができず勉強が進まないからといって、落ち込む必要はありません。自分のできるところと苦手なところを明確にわけ、勉強の時間配分を考えて勉強をすすめていきましょう。 東京港区六本木で運営している私のTOEICスクールでは、本気でTOEIC800点や900点を獲得したい方に向けて講座を行っております。 単に、授業で問題を解説するというわけではなく、忙しいスケジュールの中で2ヶ月間どのように自分の目標を達成していくのか、目標達成型のTOEICプログラムとなっています。 目指しているのは、TOEIC800点という点数ではないと思います。その点数の先に何を目標としているのか、それを明確にしている人たちが集まります。資格は一瞬、やりたいことは一生やる。 本気で人生に挑む人たちともに、一緒に目標を達成しましょう。

【TOEIC800対策・東京港区六本木スクール】〜コツよりも大事なこと〜

  • by
Hi, 東京港区六本木を拠点にTOEICスクールにて講師をやっている、TOEICコーチングのUNOです。 今回もTOEIC800点に向けて勉強されている方を対象に、攻略法や、テクニック、資格に対するモチベーションについて書いていきたいと思います。 TOEIC800点を獲得するためには、単に英語力を上げるだけでなく、TOEICで頻出する問題のパターンを覚え、戦略的に問題を解いていく必要があります。 しかし、コツを少し覚えたからといって、簡単にとれるようなテストではありません。実際にそれを使えるようになるために何度も実践していく必要があります。 大事なことが、単にコツを知って満足するのではなく、それを使えるようになるために毎日どれだけ繰り返し練習することが出来るかです。小手先のテクニックだけで点数とれるのであれば、誰も苦労しません。 毎日同じことをやり続けられるかが、数カ月後の結果を決めます。 東京港区六本木で運営している私のTOEICスクールでは、本気でTOEIC800点や900点を獲得したい方に向けて講座を行っております。 単に、授業で問題を解説するというわけではなく、忙しいスケジュールの中で2ヶ月間どのように自分の目標を達成していくのか、目標達成型のTOEICプログラムとなっています。 目指しているのは、TOEIC800点という点数ではないと思います。その点数の先に何を目標としているのか、それを明確にしている人たちが集まります。資格は一瞬、やりたいことは一生やる。 本気で人生に挑む人たちともに、一緒に目標を達成しましょう。

【TOEIC800対策・東京港区六本木スクール】〜TOEIC800点をとった後の勉強法:900点獲得〜

  • by
Hi, 東京港区六本木を拠点にTOEICスクールにて講師をやっている、TOEICコーチングのUNOです。 今回もTOEIC800点に向けて勉強されている方を対象に、攻略法や、テクニック、資格に対するモチベーションについて書いていきたいと思います。 TOEIC800点を獲得してからも英語は勉強し続けなければいけません。単に点数だけで満足するのではなく、次のステージに進んでいかなければ、800点を獲得してから英語の勉強をやめてしまえば、学んできたものはすぐに忘れてしまいます。 最近では、テンプル大学やグローバル企業など、TOEIC900点を基準に採用、昇進、入学するところも増えてきました。TOEIC900点を獲得するだけで、さらに道は広がります。また、TOEIC900点というのは難関な壁になります。なぜなら、根本的な英語力を底上げしていかなくてはいけないからです。 それではどんな勉強をしていけばいいのか一つずつ答えていきます。 ①Listening こちらは多聴と精聴のトレーニングを同時に行っていただく必要があります。TOEIC900点までいくと、part3, 4のような文章の長さはほとんど聞き取らなければいけません。TOEICの教材を使うのであれば、1.5倍速〜2倍速の速さでシャドーウィングのトレーニングを行っていきます。本番以外は常にこの速度で練習していくことです。 ②Reading part5, 6 文法と語彙の勉強です。文法に関しては満点をとりにいくようにひたすら時間をはかって練習していきます。本屋にいけば様々な問題集があるので、その問題集をたくさん演習し、必ず時間をはかって取り組んでいきます。わからない文法や単語があれば、自分にとってのわからない単語集や文法をつくっていく必要があります。 ③part7 長文読解 長文読解に関しては、TOEICに限らず、様々な文章に触れる必要があります。TOEICの文章だけだとどうしてもコツに頼ってしまい、根本的な英語の読解力が上がりにくいからです。できるだけ自分の興味のあるような文章を選び、毎日続けられるものをおすすめします。新聞や、雑誌など、取り組みやすいものから入りましょう。また、単にざっと上から下まで読むのではなく、しっかりと構造を分析して、精読も同時に行っていきましょう。 東京港区六本木で運営している私のTOEICスクールでは、本気でTOEIC800点や900点を獲得したい方に向けて講座を行っております。 単に、授業で問題を解説するというわけではなく、忙しいスケジュールの中で2ヶ月間どのように自分の目標を達成していくのか、目標達成型のTOEICプログラムとなっています。 目指しているのは、TOEIC800点という点数ではないと思います。その点数の先に何を目標としているのか、それを明確にしている人たちが集まります。資格は一瞬、やりたいことは一生やる。 本気で人生に挑む人たちともに、一緒に目標を達成しましょう。

【TOEIC800対策・東京港区六本木スクール】〜2か月で800点を超えるために覚えておくべきこと〜

  • by
Hi, 東京港区六本木を拠点にTOEICスクールにて講師をやっている、TOEICコーチングのUNOです。 今回もTOEIC800点に向けて勉強されている方を対象に、攻略法や、テクニック、資格に対するモチベーションについて書いていきたいと思います。 今まで1000人以上の方々を教えてくる中で、目標の点数を達成する人と達成しない人ではやはり共通点があるなと思います。TOEIC800点や900点を獲得した方は、よく教室まできて報告しにきてくださるのですが、そのときにどのような姿勢で勉強に取り組んでいたのかもよくそこで聞きます。 本日は、点数を獲得するために、前提どのような姿勢で数ヶ月間で英語の学習に取り組むべきなのか書いていきたいと思います。 ①最低限ものだけで勝負する TOEIC800点を獲得するためには、英語のあらゆる知識を覚えなければいけないかというとそういうわけではありません。文法でも単語でも、語学なのですべてを覚えてようとしてしまうと時間がどれだけあっても足りません。大事なことは、最低限の知識だけでどう戦うかです。最低限の知識と戦い方を集中的に数ヶ月間しぼって学んでいく必要があります。 ②毎日どれだけ疲れてても勉強をする 1か月くらいすると多くの英語学習者は挫折してしまいます。なぜなら、うまく成果がみえずこのやり方で本当にあっているのかわからなくなり、中々勉強も進まなくなるからです。語学は難しい問題ができるようになったからといって、次の日にすぐにリスニングが聞き取れるようになったり、長文が読めるようになったりするわけではありません。2ヶ月間一生懸命に毎日やって、2ヶ月後にすべてぐっとその成果がでるかでないか。最後良ければすべてよしという精神が大事です。途中うまく成果がみえず不安になって足を止めてしまえば、足を止めてしまい先に進むことができません。どれだけモチベーションが低くても、どれだけ疲れても毎日やりきることが最も大事です。 ③どのような課題や参考書も忠実にやりきる もちろん人それぞれ英語の学習方法は異なります。自分のやり方もあると思います。でも、それで結果がでないのであれば、やり方を変えなければいけません。点数が上がらないのにそのやり方でずっとやり続けることは非常にもったいないです。自分がやりやすい、心地よいやり方だけを続けたとしても、それは自分の努力量を超えていないだけです。常にコンフォートゾーンから離れ、自分の努力量を超えていかないと点数は伸びません。 東京港区六本木で運営している私のTOEICスクールでは、本気でTOEIC800点や900点を獲得したい方に向けて講座を行っております。 単に、授業で問題を解説するというわけではなく、忙しいスケジュールの中で2ヶ月間どのように自分の目標を達成していくのか、目標達成型のTOEICプログラムとなっています。 目指しているのは、TOEIC800点という点数ではないと思います。その点数の先に何を目標としているのか、それを明確にしている人たちが集まります。資格は一瞬、やりたいことは一生やる。 本気で人生に挑む人たちともに、一緒に目標を達成しましょう。  

【TOEIC800対策・東京港区六本木スクール】〜PART6問題別対策〜

  • by
Hi, 東京港区六本木を拠点にTOEICスクールにて講師をやっている、TOEICコーチングのUNOです。 今回もTOEIC800点に向けて勉強されている方を対象に、攻略法や、テクニック、資格に対するモチベーションについて書いていきたいと思います。 本日は、TOEICのPART6に関する攻略法について書いていきたいと思います。 PART6を苦手とする人は非常に多いです。単なる文法の知識だけでなく、文章の流れを理解しながら出ないと解けない問題も多く、そのような問題をすばやく解いていかなくてはいけません。PART7でしっかりと時間を使って正答率を上げるためにも、PART5,6はとにかくスピードを意識して解いていかなければいけません。 TOEIC800点を超えるにあたって、最後まで解ける問題を解ききることが大事です。そのためには、いかに知識で解けるPART5,6を早く終わらせるかがTOEIC800点を超えるためのキーとなっています。 まず、PART6は三種類の問題に別れます。 ①文法問題 こちらはPART5と同様、文法の知識問題です。知っているか知らないかで決まりますが、ほとんどの場合、文章の意味を理解しなくても前後の分構造、文章の周辺を見て解ける問題が多いです。 *まずは、この前後で解ける問題を先に解いておき、タイムアップしたとしても解ける問題は解けている状態にしておきましょう。 ②単語問題 PART5と同様、周辺をみて文脈に合う単語を入れる問題です。前提、4つの選択肢の中に一つでもわからない単語があると正答率がガクンと落ちてしまうので、毎日の単語学習が非常に大事です。PART5 と異なる点は、全体の文章の流れをある程度把握していなければいけないところです。攻略法としては、まずはテーマを掴むことです。なぜなら、単語の穴埋め問題ではテーマをつかめていれば解ける問題が非常に多いです。これは、PART6だけでなく、PART7 でも同じことが言えます。すべてを解こうとするのではなく、まずはテーマを掴み、それに関する問題は確実とりましょう。 ③文挿入問題 PART6の問題で最も難しいとされる問題になります。基本的にこの問題は時間もかかり、文章全体を理解していないと解けないことから、正答率も低い傾向にあります。難しい問題はわざわざ時間をかけて取る必要はないので、この問題に時間をかけるよりは、確実にとれる文法問題をとりにいきましょう。しかし、この問題もかなり難しいというわけではなく、ある程度のテーマをしっかりとつかめていれば、二択まで絞ることができればそんなに難しくはありません。 いかがでしょうか。PART6では、解くべき問題と、時間をかけるべきでない問題をしっかりと見極めていきましょう。 東京港区六本木で運営している私のTOEICスクールでは、本気でTOEIC800点や900点を獲得したい方に向けて講座を行っております。 単に、授業で問題を解説するというわけではなく、忙しいスケジュールの中で2ヶ月間どのように自分の目標を達成していくのか、目標達成型のTOEICプログラムとなっています。 目指しているのは、TOEIC800点という点数ではないと思います。その点数の先に何を目標としているのか、それを明確にしている人たちが集まります。資格は一瞬、やりたいことは一生やる。 本気で人生に挑む人たちともに、一緒に目標を達成しましょう。

【TOEIC800対策・オンラインマンツーマンプログラム】〜オンライン英会話学習のメリット、デメリット〜

  • by
Hi, 東京港区六本木を拠点にTOEICスクールにて講師をやっている、TOEICコーチングのUNOです。 今回もTOEIC800点に向けて勉強されている方を対象に、攻略法や、テクニック、オンラインで受講するにあたってのモチベーションについて書いていきたいと思います。 最近では全国からオンラインでの受講を希望してくださる方が多くいらっしゃいます。多くの生徒様のお話をしている中で、オンラインマンツーマンTOEIC学習を受けるメリットについて、本日は記事を書いていきたいと思います。 ①通勤時間を無駄にしない スクールに通ってるとどうしても外ではできない学習もありますね。遠方から来る方にとってこれは致命的です。数ヶ月しか時間がないからこそ、ぼーっとしてる時間はありません。また、距離があるとその分体力も消費されて帰宅したら、クタクタで宿題もできない人もいます。 ②どこでも受けることが出来る オンラインの授業だと、スマホさえあればどこでも受けることができます。場所に固執せずに受けることが出来るのは社会人にとっては助かりますね。残業が続いた日に家でできない場合でもカフェや外でも受講可能です。 また、遠方の方や地方の方でも受けることができます。私は地方出身で、東京にでてくるまでは小さな田舎町で育ち、どれだけ外国人が少ない中で自分の未来に向けてモチベーションを保ちながらストイックに勉強することの大変さを理解できます。 ③好きな時間にできる これは、オンラインだからというより、オンラインマンツーマンだからこそ実現できることでしょう。オンラインでの受講の場合、マンツーマンで受けるていただきます。 逆に、デメリットはというと、通勤型スクールよりは臨場感はないでしょう。通勤型スクールですと集団でほかの人とともに受けることになるので、緊張感などはないでしょう。逆に、ほかの人の目を気にしてしまってわからないところを質問できないなどはなく、リラックスできる自分の自宅で受講することも可能です。 東京港区六本木で運営している私のTOEICスクールでは、本気でTOEIC800点や900点を獲得したい方に向けて講座を行っております。 単に、授業で問題を解説するというわけではなく、忙しいスケジュールの中で2ヶ月間どのように自分の目標を達成していくのか、目標達成型のTOEICプログラムとなっています。他県から通ってくださる方が増えてきたため、オンラインマンツーマンで全国の方に受けていただけるようにしております。 目指しているのは、TOEIC800点という点数ではないと思います。その点数の先に何を目標としているのか、それを明確にしている人たちが集まります。資格は一瞬、やりたいことは一生やる。 本気で人生に挑む人たちともに、一緒に目標を達成しましょう。 [mwform_formkey key=”215″]