TOEIC800対策

【TOEIC800対策・東京港区六本木スクール】〜脳内シェアを奪われないように〜

  • by
Hi, 東京港区六本木を拠点にTOEICスクールにて講師をやっている、TOEICコーチングのUNOです。 今回もTOEIC800点に向けて勉強されている方を対象に、攻略法や、テクニック、資格に対するモチベーションについて書いていきたいと思います。 TOEICでは様々な問題があります。TOEIC800点を獲得するには、この様々な問題に対してマルチに対応していかなくてはいけませんPart1~7の中に、Listening, 文法、長文問題、などそれぞれ競技が違いますね。 そして、日常生活の中でTOEC800点を掲げて、目標に向けて勉強をしていくと、他の業務にも追われますマルチタスクの中で、資格も仕事もこなしていかなければ、なにも実現することはできません。 英語の勉強をしていても、仕事のことが頭にあって集中できない。勉強したては、このような状況が続き、本当にこのまま続けていいのか このまま続けたら、TOEIC800点も超得ることができるかもわからないし、仕事もTOEICも中途半端じゃなるのじゃないか、そんな不安にかられてしまい、挫折してしまう人をたくさんみてきました。マルチタスクは、脳内シェアがほかのものに奪われてしまいやすからこそ、ルーティーン化する必要があります。ルーティーン化してしまえば、徐々になれてきます。 ルーティーン化して慣れてしまえば、こっちのものです。それまで、焦らず引き続きがんばりましょう。 東京港区六本木で運営している私のTOEICスクールでは、受講生が習慣化できるように、毎日オンラインで学習報告、毎日宿題や音読の管理を私が直接やっています。 最初は習慣化するまで少し時間がかかりますが、ある程度の強制力がないと中々続きません。 TOEIC800点を絶対にとりたいという強い想いをお持ちの方は、ぜひ受けにきてください。  

【TOEIC800対策・東京港区六本木スクール】〜模試を解く目的〜

  • by
Hi, 東京港区六本木を拠点にTOEICスクールにて講師をやっている、TOEICコーチングのUNOです。 今回もTOEIC800点に向けて勉強されている方を対象に、攻略法や、テクニック、資格に対するモチベーションについて書いていきたいと思います。 模試を解いて満足する人がたくさんいますが、模試で得られる効果は傾向に慣れることです。模試が練習試合だとすれば、相手がどれくらい強いのか、どんな技をつかってくれるのかということが理解でき、 それに対して自分はいまどれくらい戦えるのかという自分も客観視することができます。 練習試合だけを何度しても、意味がありません。TOEIC800点は、単に傾向に慣れるだけではクリアできる点数ではありません。 練習試合で自分の苦手なところを見つけて、それに対して毎日練習する必要があります。よく、音読をやる暇があれば、模試をといたほうがいいという学生さんもいらっしゃいますがそれでは、点数が少ししか伸びませんちゃんと地道な練習を行わないと点数は安定しません。 単語を覚えること、音読すること、文法の意味を調べること、シャドーウィングすること、ディクテーションすること、すべて、自分の英語力を根本からあげるためのものです TOEIC800点という高得点を目指すには、根本的な英語力も上げていかいないと辿り着くことはできません。今まで約1000人以上の方々に英語を教えてきましたが、TOEICのスコアをアップさせるめには、こちらの公式が成り立つなと思っています。 TOEIC=英語力×TOEIC力×モチベーション 単にTOEICのコツや戦略を学んだとしても、そもそも英語力がないと使いこなすことはできません。勉強法がわかっても、それを持続モチベーションがないと勉強することはできません。 私が運営する東京港区六本木にあるTOEICスクールでは、この3つのスキルが向上するような仕組みを導入しています。 単に勉強するだけではなく、TOEIC800点という高い壁を乗り越えるための目標達成講座です。 ぜひ、本気でTOEIC800点を達成したい方は、受講してください。    

【TOEIC800対策・東京港区六本木スクール】~英語のブレークスルーとは~

  • by
Hi, 東京港区六本木を拠点にTOEICスクールにて講師をやっている、TOEICコーチングのUNOです。 今回もTOEIC800点に向けて勉強されている方を対象に、攻略法や、テクニック、資格に対するモチベーションについて書いていきたいと思います。 英語で夢を見るようになった!!英語を勉強している学生さんからよく聞く言葉です。私もまだ英語がうまく話せないときは、そんなことが本当に起こるのだろうか、、、と思っていましたが、ある日を境に、夢だけでなく、電車に乗っているときの周りから聞こえる日本語の会話も英語で聞こえるようになってきました 笑 このような現象が起きてから、日常生活でも簡単な英語であればすぐにでてくるようになった感覚を覚えています。英語は成長が確認しづらくて、中々モチベーションが持続しづらいかもしれませんが、必ずこのようなブレイクスルーがきます! 語学は、数学のように難しい問題を解けたからレベルがあがるといった競技ではありません。毎日触れ続けていると、急にどこかのタイミングで ”なんだか英語に抵抗がなくなってきた” ”英語を聞くことが楽になってきた””ずっと英語を話しているのにストレスがなくなってきた” ”いきなり点数が750点から800点に伸びた!” いま、英語の勉強をどれだけやっていても中々伸びなくて挫折しかけている、、、大丈夫です。目に見えないのですが着実に少しずつ伸びています。TOEIC800点や900点は高い壁です。 そんな簡単に800点を超えるようであれば誰も苦労しません。しかし、800点は基本的な用法をしっかりと押さえていれば取れる点数です。どれだけ毎日一歩一歩挫折せずに、ブレークスルーを信じてやり続けられるかです。ブレイクスルーに向けて、本日もがんばりましょう!! 私のTOEICスクールでは、できるだけ生徒が挫折しないようにオンラインで日々の進捗をチェックしております。 教えるだけでは、点数なんて伸びません。 どれだけわかりやすくても、生徒のモチベーションが生み出せないようでは、いい講師ではないと私自身考えます。 ぜひ、モチベーションを維持する自信のない方は、東京港区六本木にある、私のスクールにお越しください!  

【TOEIC800対策・東京港区六本木スクール】~英語のスランプ~

  • by
Hi, 東京港区六本木を拠点にTOEICスクールにて講師をやっている、TOEICコーチングのUNOです。 今回もTOEIC800点に向けて勉強されている方を対象に、攻略法や、テクニック、資格に対するモチベーションについて書いていきたいと思います。 本日は英語をある程度できるようになってくると起きる現象、英語のスランプについて書いていきたいと思います! 昨日はあれだけたくさん話せたのに、今日は全然話せない。。。 この前模試を受けたときスラスラ解けたのになぜか今日は解けない 以前受けたテスト800点を超えていたのにそれから中々点数が上がらない 昨日リスニングをスムーズに聞けたのに、今日はほとんど聞き取れない このように感じたことはありませんか?? 特に、留学をしている最中や、TOEIC800点や、900点に向けて努力されている方、日々英語を使ってお仕事をしている方からよく聞く言葉です。 私自身も、本当によくこの現象が起こります。これが英語のスランプです。スポーツでもスランプはありますね。でも実はこれは他の人よりも、たくさん練習やインプットをしているからこそ起こる現象です!たくさんの語学に関する情報をインプットしているからこそ、脳が混乱しているだけです。TOEIC800点を獲得するにあたって、莫大な量の単語を覚えなければいけません。新しい情報を取り入れているからこそ、混乱してしまうのも無理もないです。また、TOEICは、点数の目標が明確化されるので、それがプレッシャーになってしまい、スランプに陥ってしまうと立ち上がれない人もたくさん見てきました。800点,900点は非常に高い壁ですね。 もし、プレッシャーやスランプで自分を追い込んでしまっている場合は、一度思い切って英語から離れてみたり、日本語をたくさん話してみたり、趣味に没頭してみたり、ベクトルの方向を変えてみましょう! 脳がたくさんの情報を整理できるように、時間を与えてあげましょう。数日間たつと、また英語が話すのが楽になっているはずです。いわば、このスランプは、成長痛のようなものです。スランプがくれば、これは伸びるチャンスだ!!と思ってください。 たくさんの英語のスランプを経験できるように、 たくさん英語に触れていきましょう!